PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

言い知れぬ喪失感



たくさんの励ましのコメントやメールをありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

お返事が遅くなっていますが
ゆっくりですが必ずしていきますので
どうかお待ちくださるようお願い申し上げます。



2009年1月10日
2009年1月10日 ぶちゃいくー

去年の今頃は 今より1kg以上痩せていました。



ルナのブログを立ち上げたのは2年10ヶ月前
悲しく辛いブログにはしないでおこうと決めていました。

バカ丸出しの 駄文で おちゃらけの
なんの役にも立たないようなブログでしたが
明るく楽しく という基本精神に
ルナたんは精一杯答えてくれました。


2009年1月20日
2009年1月20日 プリンうまうま~



子供のいないワタシたちには
ルナはいつのまにか ワタシたちの本当の子供になっていました。

たくさんの幸せを運んできてくれました。


2009年1月26日
2009年1月26日 まったり


今まで ルナがいてくれたから 頑張ってこれた。

(ルナには関係の無い)イヤなこと面倒なことでも
自分を奮い立たせて 頑張って来れました。



2009年1月11日
2009年1月11日



何度も書きますが ルナは本当に立派な旅立ちを見せてくれました。

亡くなってからも 毛並みはさらに白さを増し
輝かんばかりに 光り輝いていました。

体も ふわふわふわふわ
羽毛のように柔らかく 軽やかでした。

これ以上ないと言っても過言ではないほど
立派な成仏の相でした。

これだけは胸を張って言えます。

このことに関しては まったく悔いはありません。


2009年1月26日
2009年1月26日



でもね それでもやっぱり寂しいんです。
寂しくてさみしくて たまりません。


日に日に寂しさが募ります。

胃の奥が サーっと血の気が引いていくような
背中がずっしり重たいような・・
うまく表現ができませんが
ワタシの肉体隅々まで 全細胞まで
とてつもない喪失感が襲い掛かります。


もう一度あのふわふわの体を抱きしめたい

後悔というか 反省・・というのか

もっともっと抱っこしてあげたらよかった。

この想いは消え去りません。


2009年1月28日
2009年1月28日



斎場に向かう車の中でルナたんを抱っこしてる間
ルナたんから なんともいえぬ 幸せオーラを感じ取りました。

おかあたんに抱っこしてもらって幸せ~

そう思ってくれてたと いいように取っています。




18歳8ヵ月



ルナたん昨日で 18歳8ヶ月です。

ルナたん おめでとう~

一緒にお祝いしたかったなー。


そして今日は初七日です。




1月19日 亡くなる前日のことを書こうと思っていたのですが
長くなったので 次回に書かせていただきます。
引っ張って申し訳ありません。


2009年1月携帯にて
2009年1月 携帯にて



夜 大きくてきれいな月を見ました。

ルナが見てくれてるようで 少し笑顔になれました。

| 未分類 | 04:46 | comments:65 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

早いですね、もう初七日…

うちも子供がいないから
ルナたんが愛娘って気持ちよくよく解ります。
旦那ちゃんがルナたんのお骨を見て
「キレイに残ってるやん。やっぱりルナたんは病気で旅立ったんじゃナイから幸せ者やったな、親孝行な子やわ」って。
ホントホント、幸せ者で親孝行なルナたん!

みどりんさん…ゆっくりねゆっくりゆっくり。
ルナたんを思い出して泣きたい時は泣く、笑えれば笑う!
無理はせんといてね。

| 暖歩・遊歩の母ちゃん | 2010/01/26 06:56 | URL | ≫ EDIT

みどりんさーん、おはようございます。
お気持ちよくわかります。
私もモモがいつもいたところにいなくって、
本当にモモの存在感を感じました。
みどりんさんは、24時間ルナたんと一緒にいたから
どれほどのことかと思います。
でもその分一杯ルナたんが愛されて幸せだったんですよ。
おつらい日が続くと思いますが、少しずつ元気だしてくださいね。
ルナたん、18歳8ヶ月おめでとう。
お空でみんなにお祝いしてもらってるかな?
こっちでもお祝いるすからねv-274

| すもも | 2010/01/26 08:07 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/26 08:14 | | ≫ EDIT

初七日なんですね。
日々辛さが増して来ると思います。

月誕生日、一緒にお祝いしたかったね。
でも、きっとみんなにお祝いしてもらっているよ。

今は、ルナたんが『おかあたん・おとうたん、元気出してね』って応援している事と思います。
ゆっくり時の流れに任せて、お話したくなったらお逢いしましょうね。
みんな、いつまでも、待っています!

| うなパイ | 2010/01/26 08:51 | URL | ≫ EDIT

「おとうたんとおかあたんが
こんなんなるってわかってたから
お空に帰るの、待っててもらってたん。
少しでも長くそばにいてあげようって
がんばったんやで」
って、ルナたん言ってるんじゃないでしょうか。
ほんとうにいい子です。
きっと、今もお二人のことをすぐ近くで
やさしく見守っているのでしょう。

私たちもこどもがなく、はなは、やっぱり我が家の長女です。
みどりさんとご主人さまの悲しみを
変わりに背負うことはできませんが
これからも、ルナたんのこといっぱい思い出して
いっぱいお話して、いつまでも忘れないでいますから。
それだけは、いっしょにできますから。

どうか、くれぐれもご無理なさらないでくださいね。

| emihana | 2010/01/26 09:05 | URL | ≫ EDIT

初七日ですか。
何だかまだルナたんが生きているようで未だに信じられない気持ちです。

我が家も子供がいないのでROCO(愛犬)を娘のように育てています。
だから最後の事を考えると自分自身、きっとおかしくなっちゃうような気がします。
まだ我が子は5歳なので時間はたくさんあると信じていますが・・・。

ルナたんどのお写真も本当に可愛いですね。
このブログがある限り、ルナたんに会いにきますね。

| rococo | 2010/01/26 09:05 | URL | ≫ EDIT

いつも一緒♪

ルナたんの朗らかなかわいらしさ♪
手に触れることの出来ない寂しさを想います・・。

我が家では、前の犬のりゅうが亡くなったとき
「りゅうがいたら出来ないことしよう!」と
みんなで三宮にくりだし どんちゃん騒ぎをしました。
病気だったので 家を離れるわけにいかなかったので
「りゅうがきっと悔しがってるな~♪」とか言いながら
三宮の街を歩いていました。

アニマルコミュニケーションってご存知ですか?
今の子の気持ちを聞いてもらった時
どうやら、りゅうが時折遊びに帰ってきていると
今いる子に聞きました^^v

いないけど・・見えないけど
今でも今いる我が5悪達のことで悩んだりすると
りゅうに助けをもとめたりしちゃいます^^;
みどりんさん!がんばってね!
ルナたんはいつも一緒だからね~!
お空に月が昇るとき、ソレを見あげるみどりんさんの隣に
きっとルナたんはいると思います。
たとえば・・みどりんさんが月を見上げなくても
ルナたんは輝いて、月のように輝いてみどりんさんを照らしているよ!

| おーじろう | 2010/01/26 09:16 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!ルナたんのブログと出会ったのは年末のことです。こんなにもルナたんのことを愛され、大切にされている事に、感動の毎日でした!ルナたんは本当に最高のしあわせな犬生だったですよ!みどりさん、寂しさがうすらぐには、少し時間が必要ですが頑張ってください。

| トマト | 2010/01/26 09:21 | URL | ≫ EDIT

ルナたんは永遠

おはようございます。昨日の夜、明日はルナたん初七日だなぁって思っていました。毎日霊堂にお参りにいくのですがルナたんのことも良い場所で幸せでありますようにと祈っています。残されたモノたちは泣いたり悲しんだりできるけれど、旅立った子たちは大好きな家族と離れて淋しいのに悲しみを表現することもできないのですね。だからこそ残されたモノは悲しくて仕方ないのでしょうね。一方通行な思いになってしまいますものね。うちも子供がいないので、我が子同然だったし計り知れない喪失感でした。私はこのまま狂って死ぬんじゃないかとか、死んでしまいたいとも思ったこともありました。そんなわたしが少し乗り越えられたのは毎日お参りにいってひたすら供養したことと、同じ立場の友人と話あえたこと。後は時間です。一年たった今も悲しみは消えないけれど、死にたいとは思わなくなりました。だって私が死んだらあの子の供養ができなくなります。優しい顔でこちらを見ている遺影を見てると、お母さんずっとそばにいてねって言われてるみたいで。おかあたんルナたんの遺影を見つめて何か話しかけてあげてね。ルナたん嬉しくて仕方ないのではないでしょうか。言葉がなくても伝わる気持ちってある

| 桜ママ | 2010/01/26 09:45 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/26 09:53 | | ≫ EDIT

喪失感・・・
私も独身時代に可愛がっていたワンコを亡くした時に、
みどりんさんと同じ状態でした。
何も手につかず自分自身の気持ちの整理もつかず自分を
責めて後悔して・・・
あれもしてあげたら良かった。
もっともっと抱っこしてあげたら良かった。
毎日が辛くって寂しくて、どうにかなりそうでした。
みどりんさん時間は必要ですが、ルナちゃんは
ずぅーーとパパさん、みどりんさんの側で笑ってますよ。

| りくたん | 2010/01/26 10:01 | URL | ≫ EDIT

痛いほどお気持ちがわかります

みどりさんの気持ちは痛いほど、わかります。
私の「宝物」が虹の橋に行ってしまってから、もうすぐ9ヶ月近くになります。
息もできない、眠れないと言う激しい痛みは多少薄くはなってきました。けれど、どうしようもない喪失感は然り、私自身が「生きている」と言う実感さえ、今だ持てません。
私達夫婦にも子供はありませんでした。
だから、あの子は子供その物でしたし、あの子がいるから「生きている意味」が感じられたのです。
けれど、私達夫婦にはあの子に対する「温度差」があり、今だ
立ち直れないのは私一人です。
大切な、大切なルナたんが逝ってしまわれた事はとても辛いでしょうが、同じ心を共有できるご主人がいらしゃる事・・・幸せな事だと思います。今もこれからも、いっぱい泣いて・・当たり前ですよ。

| ちゃちゃママ | 2010/01/26 10:46 | URL | ≫ EDIT

うんうん
自分が、半分になっちゃったような感じですよね・・・
いや、自分の身体がほんの少しになってしまったみたいな・・・
自分の半分以上は、愛犬で成り立っていたみたいな・・・
だから、身体が半分になってしまったような
喪失感・・・満たされない想い・・・
とっても、よくわかります・・・


上手く、言葉が見つかりませんが
今のままで、いいのですよ・・・
身体が半分になってしまって、当たり前・・・
喪失感に襲われて、当たり前・・・
ゆっくり・・・ゆっくり・・・
わたしも、今も「ゆっくりでいいんだよ」と
自分に言い聞かせて、過ごしてます・・・

みんな一緒だよ。

| よるまま | 2010/01/26 11:08 | URL | ≫ EDIT

ルナたん、本当に可愛い可愛い子ですね。
どの画像を見ても、ルナたんの愛らしさに
見とれてしまいますよ。
最後まで、ルナたん自身も幸せだったと思います。

我が家にも子供がいません。
人は笑うかもしれませんが、ちいは私達夫婦にとって
かけがえのない存在です。子供の代わりではなく、
ちいが子供なのです。
いつか必ず別れのときが来るとわかっていても、
その時自分がどうなってしまうかは想像すらできません。

みどりんさん、今は本当に悲しみに押しつぶされそうなんでしょうね。
ただ、体だけはご自愛ください。
今の私にはこんな言葉しかけけることができなくてごめんなさい。

| ちいちゃんママ | 2010/01/26 11:34 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/26 11:40 | | ≫ EDIT

みどりんさんへ

一週間…寂しさが募って当たり前です。今からもっともっと寂しくなっていきます。こればかりはどうしようもないことだからかける言葉がないです。誰にどんな言葉をかけられても正直あまり耳に入ってきません。余計辛くなります。体調壊しやすくなるから気をつけて下さいね。

| ルナファン | 2010/01/26 11:46 | URL | ≫ EDIT

みどりんさん、辛いですね。お気持ちスゴく良くわかります。
今は、泣いて泣いて、ご自分のしたいように自然にまかせてください。
ブログでたくさんお気持ちを書いてください。
私はあまりうまくコメント出来ませんが少しでも今のみどりんさんの力になれたらうれしいです。
ルナたん、18歳8ヶ月のお誕生日おめでとう☆
ルナたん、おとうたんとおかあたんを見守っていてね♪

| ゴン太 | 2010/01/26 11:56 | URL | ≫ EDIT

うちも、ももが娘です(^^)
喪失感を埋めるためには、
ルナたんが、私たちに残してくれたことについて
みんなでゆっくりゆっくり語り合うことで、
少しずつ思い出という名前の思いに
変えていくことができます。
一歩一歩、行きましょう。

| nemoka | 2010/01/26 12:32 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/26 12:51 | | ≫ EDIT

愛しいルナたん

喪失感、その言葉どうりだと思います。
体の半分が持っていかれたような感覚、自分の人生も終わってしまったような感覚。18年とゆう時間はあまりにも長く重いものですね。
18年の間おかあたんには楽しいことたくさんあったでしょう。
もちろん、悲しいことも。
その、全てがルナたんにつながり、自分も年齢を重ねたことをしみじみ感じているのではないでしょうか。
ルナたんの人生、自分の人生が走馬灯のように駆け巡ると思います。
思い描くだけで涙がこぼれます。
私も、立ち直れず後ろばかり振り返っています。
家の中で、あの子の痕跡を見つける度うずくまってしまいます。
一年とゆう時間がながれたのでずいぶん落ち着きましたが。
今は、ひどくつらいことと思います。
一日、一日、時間と共に乗り越えていけると信じております。
忘れるのではなく、思い出に変わっていくんですね。
ルナたんのことがだんだん思い出に変わっていくのもおかあたんにとっては寂しいことと思います。
なかなか良い思い出にかわるまでは、時間が必要です。
今は、泣いて泣いて泣き暮らしてよいのです。
長い時間が流れたときにそれもきっと良い思い出として話せるときがくると思います。
みどりんさん、ルナたんに出会えて幸せでしたね。
ルナたんもおかあたんに出会えて本当に幸せだったことでしょう。これからもルナたんのお話たくさん聞かせてくださいね。
お体、ご自愛くださいね。
ルナたん、夢でもいいからおかあたんに会いに来てあげてね。
可愛いルナたん、おかあたんおとうたんをお守りくださいね。

| 天使 | 2010/01/26 13:10 | URL | ≫ EDIT

昨日はルナちゃんの月誕生日でしたね
もう初七日なんですね  信じられないですよ
毎日色々なルナちゃんを見てるので
みどりんさんの辛い気持良くわかるけど上手く言葉が出てきませんがゆっくりゆっくり無理をしないで元気になって欲しい
書くのも辛いでしょうがみんなに読んでもらうことで
少しでも気持ちが軽くなって欲しいですよ
ルナちゃんがお母たん頑張れよて見守ってますよ

| 海ママけい | 2010/01/26 13:12 | URL | ≫ EDIT

初七日なんですね.
まだまだルナたんお家にいたいだろうけど天国に行く準備を始めていると思います.
安らかに天国にいけるよう悲しいけど送ってあげてください.
天国は遠いけど近いですよ.
いつでもどこにいてても会えますよ.

私も犬とはまだ別れていませんが同じ様に苦しくて辛くて気が変になりそうでどうしょうもない経験をしていますのでみどりんさんの今の状態は手にとるようにわかります.

私には話を聞いてあげることくらいしかできません.

辛い苦しい気持を書いてください,,,でも楽しかった思い出も,,,

| 犬好き | 2010/01/26 13:31 | URL | ≫ EDIT

ルナたんの立派な旅立ちは、
ナナの旅立ちにも似ている気がして、
読む度に涙なくして読めません。

私も亡くなってから初七日の辺りまで、
目が覚めては泣き、お風呂やトイレなど、
人目が無くなる場所だと涙腺が弱まって、
次第に号泣の毎日でした。

これはもう最愛のルナたんなのですから、
当たり前の症状です。愛犬家みんなが通る道ですね。

みどりんさんの涙はルナたんがちゃんと向こう岸に
渡りやすくなるように、水嵩を増やしてあげたのではないでしょうか。
犬掻きスイスイと泳いでいることと思いますよ^^。

私もまだナナが旅立って4ヶ月ほどなので、
毎日ナナを想い、まだまだ寂しい毎日です。
17年なり18年なり一緒に過ごした自分の分身みたいな
存在ですから、すぐに慣れるとは思いませんが、
ゆっくりゆっくり元気になっていきましょうね♪

| ななママ | 2010/01/26 14:15 | URL | ≫ EDIT

初コメントです。

ブログ拝見していましたが、コメントは初です。
明るく楽しいブログですね。でもさすがに涙が止まりませんでした。
こんなに幸せな最期って本当に珍しいのではと思いました。
ルナたんはたくさんの愛情を受けて本当に幸せでしたね。

私の実家にも16歳の柴がいます。
結婚してからは毎日会えなくなってしまいましたが
時々帰るとやはり衰えてしまっていてなんとも寂しいです。
でも父と母が愛情を注いでいますからきっと幸せだと思います。
ルナたんみたいな幸せな最期が迎えられたらと思いました。
すごく前向きになれて勇気づけられるブログです。

今は寂しくてつらいでしょうけど、いつもルナたんが見守ってくれていますよ。

| そら&みどり | 2010/01/26 14:33 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/26 14:58 | | ≫ EDIT

喪失感…そうですよね。
辛い、寂しい、そしてこころが痛い。
みどりんさんのお気持ちとてもよく分かります。
言葉では上手く表現できませんが、私も涙が止まりません。
私はブログでさくらの闘病生活の様子を殆ど書くことが出来ませんでした。毎日の生活で一杯一杯…ダメダメなお母さんでした。最後まで書き続けたみどりんさんは素晴らしいと思います。
私もこれから思い出しながらですが、さくらの生きた証を残していきたいと思っています。

みどりんさんも無理をなさらないで下さいね。

| さくらっこ | 2010/01/26 15:59 | URL | ≫ EDIT

ルナたんに会いたくて あかあたん、おとうたんの事が心配で
いつものようにこのブログに来てしまいます。

私も去年愛犬を亡くしました。
ルナたんのブログもその子といつもみていました。
兄を亡くし 父を亡くし
そんな時 励まし慰め一緒にいてくれたのが 私の犬です。
悲しみは消えません。

大切な人を失うことは苦しいですね。
私は悲しんでばかりでは みんなが心配しないかとハッとしたり…でもまた涙が出たり繰り返しですが
いつもそばにいてくれると信じています。

少しづつ気持ちが楽になるといいな。
ルナたんもそばにいますよ。
身体大事にしてください。

| indy | 2010/01/26 16:01 | URL | ≫ EDIT

早いですね。 初七日ですか・・
私も、まだ、ルナたんが、虹の橋を渡ったなんて
信じられませんから、みどりんさんが、悲しく思うのは
仕方のないことです。
たくさんたくさん、ルナたんのことを話してくださいね。
ゆっくりでいいですから・・

| なびこ | 2010/01/26 16:33 | URL | ≫ EDIT

ルナたん 美しかったぁ~

初七日でしたか・・・お辛い気持ち痛いほど分かります
私も昨日、先代の命日でした
一年も経ちました
わたしら夫婦にも子供がおりません
先代ふらっしゅを亡くした後、暫く私は生きてる実感が持てなくて、生まれて初めて「ここに居るけどここに居ない」という状態を体感しました
記憶も定かでなくなり、日常生活に何やら支障をきたすようになってしまいました
みどりんさん
後悔のない見送りなんてないんですって
それは私の母が教えてくれました
脊髄がんの実母を3年近く介護して、
病院の院長を始め、ナース全員に感服された私の母が
「後悔のない介護なんて無い
 すべてをやり尽くしてもなお、
 まだ何か出来たのではないかという後悔が残る」
残された者には、激しい後悔と悲しみに
身を引き裂かれるような思いになるのだと・・・
でも、それを長く味わうことを
旅立った家族は望まないはずだから
すぐには笑えなくても
涙が止まらなくても
残された私たちが、しっかりと生きていくことを
虹の橋に旅立ったルナたんは、望んでいるから
輝くばかりに美しかったルナたん
みどりんさんのお陰で、ぴっかぴかの旅立ちでした
みどりんさん夫婦の子供で居たことを
虹の橋でも大いに自慢していることでしょう
そして、ルナたんはみどりんさんの幸せを祈ってくれています
きっと。
きっと。
みどりんさんの悲しみが癒えますように
お身体を大切になさいますように
ルナたんのご冥福を祈り、朝晩追善回向を送ります

| ふらっしゅまま | 2010/01/26 16:44 | URL | ≫ EDIT

ブログを見る勇気がなく、ずっとコメントできずにいました。

お世話になったルナたんにありがとうの一言も言えず、わたしは本当に情けない
人間だなぁとつくづく感じました。

ネックレスも間に合わずとっても失礼なことをしてしまったなぁと後悔しています。
ごめんなさい。

まだルナたんがいないなんて信じられません。最後の最後まで親孝行なルナたん。
苦しむことも、そして苦しませることもなく、風のように消えていってしまいました・・・

みどりんさん、おとうたんを思うと心が痛みます。
同じ思いをしているから苦しくてしかたがありません。

くまが亡くなってから暫くは、くまに会いたい、帰ってきてと何度も思いました。
でもくまが戸惑ってしまうし、やっと体が楽になり、次のステージへステップアップ
したくまに、言ってはいけない言葉だなと思うようになってからは、
そっちへ行くまで待っててね、と言えるようになりました。
そうなるまでかなり時間はかかりましたが、みどりんさんもきっとルナたんの死を
前向きに考えられる日が来ると思います。

今はまだ悲しくて寂しくてどうしようもない喪失感に苦しまれていることでしょう。
私も毎日ルナたんの写真を見ては泣いています。
みどりんさんと同じとは言えませんが、私もとっても辛いです。
この悲しみをみどりんさん、おとうたん、ルナたんファンみんなで
ゆっくりと渡って行きましょう。

ルナたんを悲しませぬよう、お体だけは大切になさって下さい。

| くまのかぁちゃん | 2010/01/26 16:59 | URL | ≫ EDIT

どうしようもない喪失感・・・
身にしみてわかります。
家は今週百か日を迎えますが
あれから例えばクリスマスだったり
年越しだったり、お正月だったり
すべての事に何の意味もないような
やりきれないつまらない毎日です。
みどりんさんのおっしゃるように
私も精神面ではまったく支え助けられて
いたのでこれからは自分が強くならなければ
・・・と思うのですがなかなか・・・。

でも寂しさも後悔もルナたんを愛し
大切に思ってきたからこそではないでしょうか?

私も愛犬・・・いえ、最愛犬の事を私なりに
大切にしてきたつもりです。でもやはりこちらや
他のシニア犬ブログを見せて頂くともっと
こうしてやればとかあれもしてやってればとか
思う事がたくさんあります。
が、世の中には悲しい事に愛犬が亡くなってもさほど
悲しさや寂しさを感じない方もいるようで・・・。
そういった方々には犬は家族ではなくあくまで犬。
たかが犬の死なんでしょう。愛情は量れませんが
愛情が薄かった分悲しみも寂しさも少ないのでしょう。
嘆き悲しみ後悔の念にさいなまれるという事は
それだけ深い愛情でルナたんに接してきた証拠だと
思います。だから今は胸をはって泣いてください。
そしてもっともっとお話ししましょう。私も方々の
ブログにお邪魔して同じようにワンちゃんを
亡くされた方々と気持ちを通わせて頂いたり
励まして頂いたりずいぶんと助けられました。
自分の気持ちを理解してもらえるってすごい事です。
どうか思いつめず少しずつでもお気持ちお話くださいね。
おとうたんもね。

| くぅちゃん | 2010/01/26 18:01 | URL | ≫ EDIT

本当に寂しい。
心の穴はふさがらない。
あの温もりはどこへいってしまたんだろう。
掃除の時に見つけた毛、100日過ぎた我家からはだんだん見つからなくなってきました。
胸の奥にしまうまで、まだまだ日にちはかかるけど…
ルナたんはいつかお父さん、お母さんの笑顔が見れる日を待ってるよ。

| たろうママ | 2010/01/26 18:30 | URL | ≫ EDIT

私も同じ

ペロが旅立ってもうすぐ5ヶ月です。
最初の一週間、最初の一ヶ月、とてもつらかった。
先週の今頃は・・・とか、先月の今頃は・・・とか。

いまだに掃除機をかけることができません。
あちこちにあるペロの毛玉を捨てることが
できません。
洋服についたペロの毛が愛しいです。

まだまだ何も片付けることができません。

私もおんなじです。

| ペロ | 2010/01/26 19:49 | URL | ≫ EDIT

みどりんさん、大丈夫ですか?
物凄くさみしい気持ち、本当にそうですよね(涙)
ありのまま、泣いて下さい。謝りたい事があったら、いっぱい謝って下さい。我慢しないでください。
私も昨年、トーマを見送った時、いっぱい泣いて、いっぱい謝りました。そして、幸せだったよ…大好きだよ・・・と、伝えてました。
私も、みどりんさんと同じで、一緒に過ごせてない時期があり、もっとはやくに迎えてやれば、、、そして、寝たきりの日々が長かったのに、もっと最期抱っこしてあげればよかった・・・そう思うと、心が張り裂けそうで、、、。
でも、いつの日か、毎日トーマに声をかける言葉は、「今日も1日、トーマが楽しく、幸せで、すきな時に好きな場所で、穏やかに過ごせてますように・・。いつでも、会いにきてね。大好きだよ。」って、言えるようになりました。
だから、みどりんさん、あせらないで、いっぱい泣いたっていいんだと思います。

私も一人暮らしで、トーマに会いたいな~と思うと、いっぱい泣いてます。でも、これでいいんですよね。我慢しない。(笑)
そこに居たルナたんが、居ない・・・。ごはんを食べさせてあげたり、おしっこをさせてあげたり、だっこしてあげたり、、、いつもしていた事が必要でなくなり、時間の使い方がガラッと変わってしまうさみしさ、本当に言葉になりません。
みどりんさん、さみしくて、泣いて、当たり前だと思います。
私も、今だに泣く日があります・・・。
でも、気がつかない間に、少しづつ、それでも前に進んでいます。

私も、一緒に涙流しています。一人でないからね・・・。
身体には気をつけて下さいね。
ルナたん、大好き・・・。

| あきこ | 2010/01/26 19:51 | URL | ≫ EDIT

もう初七日なんですね。
早いですね。
言い知れぬ喪失感…
痛いほど分かります。
ルナたんを誇りに思っている事、
でもまだまだ寂しくて、恋しくて、悲しくて、
正直辛いですよね…
体の細胞、ひとつひとつに
思い出や匂いや
存在そのものが刷り込まれているような感覚。
細胞が本能的に、存在を探してしまうんだと思います。
私も、愛犬を亡くしてから
初七日はとにかく一週間前に戻りたくて、
何故かとても体は寒くて、
脈絡も無く涙は流れて、
声に出して何度も名前を呼んでしまう自分がいました。

愛とは、時の流れに関係がある、と聞いたことがあります。
長い間、一緒に同じ時を過ごし、
思い出や息使いまでもが、
お互いの細胞に加わっていく。

だから、引き離される時は
血の滲む様な痛みを伴う。

愛とは、息をすること。

ドラマの中のお話でしたが、
私にはとても理解出来ました。

今、とても苦しいのは
心から愛していたから

共に過ごした時間が長ければ長いほど
それは
身を引き裂かれるような思いで(こんな表現ごめんなさい)
とてつもなく辛い事だと思います。


私は、
色んな事情により
人間不信に陥った時、
助けてくれたのは愛犬だけでした。
赤ちゃんの頃から溺愛してきた
我が子のような存在。
一番大切な、一番近い存在。
正直、愛犬がいなくなったら、
もう生きていけない、と思っていた私です。
ところが何故か生きています(笑)

それは、虹の橋、の絵本を読んだ事と、
ルナたんに出会えた事です。
可愛い笑顔、頑張る姿勢。
楽しいブログに。
ネット越しだけど、
とてもとても元気をもらいました。
愛犬も柴犬だったので
まるで愛犬の、
その後を見ているかのような気持ちでした。

私はペットロスで辛い時に、
ルナたんとみどりんさんに
助けてもらったのです。
本当に感謝しています。

それだけは何度も言いたいのです。
しつこいくらいに伝えます。

私も昨夜、満月ではないけど
大きくて真っ白い
美しい月を見ました。
ルナたんの事を、また思いました。

みどりんさん、
ルナたんは見ていますよ。
きっと今も
おかあたんに
幸せオーラを
月の光を借りて
出してくれているんじゃないかな。

なんだか偉そうにすみません。
今はゆっくりと暖かくなさって
お体ご自愛下さい。
あとでまた落ち着いたら、
ルナたんのお話たくさん聞かせて下さいね。
ずっと待ってますから^^
ルナたんファンは永遠です☆

| ぽぽ | 2010/01/26 19:58 | URL | ≫ EDIT

みどりんさん、こんばんは。
昨日の月は本当にきれいでしたね。
ルナたん優しい目と月の光は同じ光に見えて
みどりんさんもこの月を見て少し癒されていると良いなと
思って私も見てました。

ロビンの最後の数日、私の事をとっても透明な目で
(白内障で目が濁ってたのに、透明なのも変なのですが・・)
なんとも言えない慈愛の光で見てくれた、その時の暖かさが
月の光と同じで、月の光を見ると励まされます。
どんどん弱っていくのを見るのは心底つらく、心細かったけれど、とても暖かく穏やかな貴重な日々を一緒に過ごせた事、その事の感謝を思います。

ロビンと同級生のルナたんの毎日は
ロビンが腎不全や心臓病にならなかったら
こういう風に毎日を送ってたかもと、その後の延長みたいで
ロビンがいなくなった悲しさを和らいでくれました。
ルナたん、ルナたんの可愛い笑顔、澄んだおめめが大好きだよ。

ルナたんの写真からは、おかあたん幸せ~って気持ちが
こちらまで心がじんわりとした暖かさに満たされる位
本当に伝わってきます。姿が見えなくなってしまったけれど
これからもずっとみどりんさんの傍にいます。
上手く言葉にできなくて、ごめんなさい。
落ち着かれたら、ルナたんの色んなお話聞かせてくださいね。
みどりんさん、お体大切になさってくださいね。





| アイ | 2010/01/26 20:57 | URL | ≫ EDIT

度々失礼します

みどりんさんにとって我が子同然のルナたんを亡くされたのだから喪失感があるのはしょうがないですね。
悲しい気持ちは長い時間をかけて徐々に癒されていくと思いますよ。私の飼っていたチビも弟のような存在でしたのでいなくなって寂しかったです。でも1年以上たった今では、チビとすごした日々はいい思い出になっています。これだけ多くの写真や映像を残されてらっしゃるなら、この多くの思い出をいつか笑って見られる日が来るんじゃないでしょうか?

| おもいいぬ | 2010/01/26 21:50 | URL | ≫ EDIT

みどりんさん、こんばんは。

今、夜空を見ると沢山のお星様と共に、
明るいお月様が一段と綺麗に輝いてました。
可愛いルナたんのように…。

もう初七日ですか~早いですね。。
今日UPして下さった映像をみると、
思わず旅立った事を忘れてしまいそうになって
また涙がでました。

私達夫婦にも、みどりんさんと同じく子供がいません。
なので、実家からベルを連れてきて一緒に暮らすようになった時から、
私達の子供です。
愛おしくて、愛おしくて、今の生活からベルのいない生活なんて考えられません…
みどりんさんも同じだったんですね。。
大きな喪失感、お辛いですね。
みどりんさん夫婦にとって、
お別れしたって事を受け入れられるようになるまで、
ゆっくり自分の気持ちをブログに残して下さい。
ブログを更新される事で言葉に残すことで、
少しでもみどりんさんが喪失感から癒されますように…

最後に、ルナたんの幸せオーラ、映像からにじみ出てましたよ!!
ルナたん、すごく嬉しかったんですね!!




| ベルママ | 2010/01/26 21:56 | URL | ≫ EDIT

みどりさん、こんばんは。

ルナたん、初七日だったのですね。
私も昨年9月に愛犬を見送りました。1月から闘病していたので
その日が来ることを覚悟していたつもりでした。それでも現実
となると・・・。

今は部屋中に愛犬の写真を飾り、まるでストーカーみたいな
感じです。愛しい姿を見ることが、私にとっては精神安定剤
になっているようです。

みどりさんが、ここでルナたんのお話をすることで少しでも
少しでも気持ちが安らぐようでしたら、是非、いろいろ聞か
せてくださいね。

ルナたんの写真、どの写真も思わず「可愛い~」と呟いて
しまうものばかりです。どんなに大事にされていたのか、
ルナたんの写真を拝見するとわかるような気がします。


とりとめのない文章ですみません。どうぞくれぐれも
お身体ご自愛くださいね。

| 黒松の姉 | 2010/01/26 23:07 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/26 23:32 | | ≫ EDIT

みどりんさん、喪失感、脱力感、、、分かります。
この前までみどりんさんの横に寄り添ってくれていたルナたん。匂いは沢山、部屋に残っているのに。
初7日、本当に早いですね。月日は立ってしまって49日と来てしまうのですね。
私が去年4月にルナたん、みどりんさんのブログを見つけてルナたんのぱっちりな瞳に一目惚れしてコメントをしたいっと思わせてくれてルナたん。
お気に入りになりました。もちろん、今でもです。
みどりんさん、ルナたんが虹の橋を渡ってから辛い時にお気持ちをブログにして下さって、、、いつまでも見守っていたいと心から思っています。
みどりんさん、おとうたんの事がとても心配でなりません。
お体大の方は大丈夫でしょうか?
ブログの方、まだ、全部は見れてないですが拝見させて頂きました。
ルナたんの卓カレにある写真を見つけて○○年○月のルナたんなんだと見ていました。
みどりんさんも一人っ子なのですね。
私も晩婚で子供がいなく、フランが我が子です。
みどりんさん、アニマルコミュ二ケ―ターってご存じですか。
亡くなった愛犬の思っていることが分かるんですよ。
亡くなってから1ヶ月位なら詠めるそうです。
フランと体験した時に実家にいた子のもしてみたかったのですが時間が開いてしまったのでできませんでした。
ルナたんは献身的に介護してくれたみどりんさんに感謝をしてくれていると思っています。
それから和んこ堂日記にルナたんとサイくんと言う柴さんが亡くなった事を書いて下さっています。
読むとグッと来てしまいます。
だけどルナたんの日記をみどりんさん、ルナたんブログを見て下さっている方に是非、読んで頂きたいです。

| フランママ | 2010/01/27 00:24 | URL | ≫ EDIT

みどりんさん、気持ちに無理する事ありませんよ。
寂しいもんは寂しいんです。

私も先月、初めての相棒の翔太が先に「虹の橋」に行ってしまい、自分で言うのも変ですが、まだ情緒不安なところあります。
昼間、仕事中は割と平気な顔をしてますが、誰かとその話題になったり、ふと散歩中のワンコを見たり、夜、独りになって思い出すと涙が止まりません。

でも、それでいいんだと思います。時間が経てば、大きな悲しみは薄らぐのかもしれませんが、決して消えることはないと思います。忘れてしまうことの方がもっと寂しい。。。

ルナたんは、みどりんさん、おとうたんさんの愛情をたくさん受けて、幸せオーラが輝いていたのは、どの写真を拝見してもわかります。とてもうらやましいくらいです。

今でもブログを拝見して、ルナたんの写真やウマウマ動画を見て私も泣いたり、笑ったりさせてもらってます。
もし、みどりさんがよろしければ、まだまだルナたんのお話聞かせてください。みどりんさんのお気持ち、聞かせてくださいね。また、体調崩されませんように、ご自愛ください。
なんかまとまり悪くてすみません。

| natsu | 2010/01/27 00:25 | URL | ≫ EDIT

もう7日も経つのですね。
時間は、なんの変りもなく過ぎてしまいますね。

悲しくて、寂しくて・・・当然のことです。
涙が出てしまうのも当然です。
今は、いっぱい涙を流してよいのですよ。
その涙だって、喪失感だって、
みんなルナたんのために奉げるもの。
我慢しないで下さい。
どんな素晴らしい最期であっても、
悔いや反省は残されてしまうものです。
でも、それだって、愛して愛して愛し抜いたから
残されてしまうものです。
それだけ、みどりんさん、おとうたん、ルナたんの
絆が深かった証です。

ルナたんは、本当にシアワセわんこでした。
うらやましいくらい、お二人に愛されて・・・
ルナたんが一番欲しいもの、して欲しいこと、
それは、いっぱい愛されること。
みどりんさんとおとうたんは、ルナたんが持ち切れない程の
愛情を捧げたのですから、
ルナたんはとっても幸福だったのです。
もちろん、今も・・・お空で自慢していることでしょう。

今夜、こちらでは、とても月が明るいのです。
ルナたんの事を想いました。
ルナたんも、お空に旅立った人たちや動物達が
本当に温かく見守ってくれているように感じました。

ゆっくりとゆっくりと、ルナたんのことを笑顔で
お話して下さることを、ずっと待っています。
急がず、無理をせず、ゆっくりと・・・
今は、思いっきり泣いて下さい。
ルナたんだって、ちゃんと分かってくれていますよ。

もし良かったら、見てみて下さい。
また、泣いちゃうかもしれませんけど
ルナたんもお空から見守ってくれていますよ。

http://www.youtube.com/watch?v=H2CuTfAJhpo&feature=related

| エディ | 2010/01/27 01:48 | URL | ≫ EDIT

多くの出会いと別れ

みどりんさんもブログに来られる多くのみなさんも
愛する家族にお別れした方が沢山いるのですね・・。
自分の生活圏だけでは知ることの出来ない多くの人が
同じように愛する家族である動物達と喜んだり悲しんだり
しているのだな~と思うと感慨深いものがあります。
一人じゃないってことは凄いことですね!
ルナたんを通じて知ることの出来たことです^^

「おかあたん!夕べはあたしのこと見てくれた?
 めっちゃ綺麗なお月様やったやろ~?
 おかあたん♪であったこの絆は永遠に消えへんから
 大丈夫!笑ってわらって~。」
まるでそういっているようだと、月=ルナを見上げながら
「あ~ルナたんやな~。」と家のわん達と散歩をしました。

| おーじろう | 2010/01/27 09:19 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/27 10:10 | | ≫ EDIT

昨晩の月は綺麗でした。
ななを寝る前チッコに連れて行ったとき
見上げたお月様の輝き。。。
ルナたんを思い出していました。

18年以上も一緒に暮らした我が子ですもの。。。
当然です。
人間の子供だったら大きくなって親離れをしますが
わんこはまた赤ちゃんのように手のかかる生活に
なるんですもの。

みどりんさんのお気持ちに寄り添ってくださる
お友達が沢山居られます。
お友だちに、そしてブログにお気持ちを綴ってくださいね。
止まない雨はありません。
いつかルナたんの事を笑顔でお話できる時が来ますよ。

誰が見たってルナたんはほんとにほんとにシアワセでしたよ。

| sachiko | 2010/01/27 12:01 | URL | ≫ EDIT

ルナたんの祭壇、とっても立派というか華やかで綺麗です。
最後まで立派に生抜いたルナたんに、ふさわしい祭壇ですね。
おとうたん、おかあたんの悲しみをよそに、もう元気に生まれ変わった、ルナたんが傍で見ているはずです。ずっと傍にいてくれていると思いますよ。

| まみ | 2010/01/27 13:43 | URL | ≫ EDIT

やっとルナたんのお別れ記事をアップ出来ました。
本当にどの写真も可愛くて、一枚を選ぶのは無理っ!

みどりんさま、転生は必ずあります。
きっともう一度、ルナたんはみどりんさまとおとう
たんさまのところに現れるでしょう。

今は少しの間、ルナたんからの「お疲れ様」と「あ
りがとう」だと思います。

泣いて寝て、泣いて寝て、少しずつ元気になって下
さいね。
すっかり元気になった時、ルナたんは又お二人の前
に現れるはずですから。


| ぢゅんこです♪ | 2010/01/27 15:20 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/27 19:42 | | ≫ EDIT

ずーっとずーっと読んできたルナたんの日記。
いつもいつもルナたんを目標にしてきました。

ネット上だけのお知り合いのルナたんなのに
こんなに辛く、寂しく、悲しく、言いようのない気持ちです。
理想的な旅立ちだったとは言え、現実にルナたんのいない
空間をどう埋めていらっしゃるのかと想像すると、言葉がありません。
私は茶々が最初のワンコなので、経験のある方のように
みどりんさんにおかけする言葉が見つかりません。
母を亡くした後、やはりこうやって生きてきたけど、
母がいない寂しさが埋まったとは思えないのです。

ルナたんのいない空虚さを何かで埋めることは出来ないと思いますが、
お体だけは大切にしてください。
とにかく今はただ毎日をやり過ごす日々だったとしても
ご自分とおとうたんさんの体調にだけはどうぞお気をつけください。

どのルナたんのやっぱり可愛くて、愛嬌があって、見る人を幸せにします。

| 松の実 | 2010/01/27 19:46 | URL | ≫ EDIT

再び、みどりんさんへ

沢山泣こう!気がすむまで泣こう!そしていつかいい思い出になれたら、沢山笑顔でいよう。ルナたんも笑顔のおかあたんおとうたんを待っているよ。

| ルナファン | 2010/01/27 23:50 | URL | ≫ EDIT

初七日なんですね。
25日は月誕生日ですね。
本当に月明かりがきれいな夜でした。
みどりんさんや皆さんが思ったように、
ルナたんだぁ!おとうたんおかあたんを見守ってるんだね
と、私も思いました。

たくさんの幸せを届けてくれたルナたんは
本当に親孝行な娘さんです。

喪失感・・・
たくさんの愛情をもって接してきたんですもの。
反省や後悔をすることは決して悪くないと思います。
ルナたんの旅立ちは、最後に大切なことを教えてくれたと思います。

今は思う存分泣いても構わないと思います。
ルナたんの幸せオーラを感じることができたんですから
アイドルルナたんのエンジェルスマイルが曇らないために、
笑顔でルナたんのことを思うことができますように。
ルナたんは、いつでもおとうたん、おかあたんのことを
笑顔で見守ってくれていますから。
時にはツッコミ入れてくるでしょうね。

| ツバサの兄貴 | 2010/01/28 08:01 | URL | ≫ EDIT

何度も記事を読み返してコメントしようとしてはできませんでした。
みどりんさんの辛いお気持ちは どうやっても癒すことはできませんよね。
実家の初代犬が亡くなったときは まだその子が2歳で そばにツネくんが
いてくれたため 家族全員悲しみから比較的早く立ち直ることができました。
が、ルナたんとみどりんさんが過ごした日々・・その長さと深さを想うと
とても言葉になりません。
私たち夫婦にも子供がいませんので ちゅばは本当の子供みたいな存在です。
きっとルナたんも同じように みどりんさんの大切な『娘』だったんですよね。
写真に中のルナたんは みんなとっても愛嬌があって 見ている者を自然と
笑顔にしてくれます。老犬とは思えないくらい まんまる瞳で にんまり笑う顔。
大好きなケーキを頬張るときの 幸せそうなうまうま顔。床に鼻を押し付けて
ブタしゃん顔で寝ている姿・・・本当にたくさんの顔で私たちみんなを癒してくれました。
みどりんさんが『女優』と仰ってますもんね。まさにその通りです。
最後にみどりんさんの腕の中で発した幸せオーラは きっとルナたん自身です。
そのオーラ・・今もずっとみどりんさんを包んでくれていると思います。
体はなくなってしまったけど ルナたんは いつまでも ずっと みどりんさんの
傍にいてくれてます。きっと。

| すべママ | 2010/01/28 08:43 | URL | ≫ EDIT

暖歩・遊歩の母ちゃんさん♪

お返事が遅遅ですみません。
もう丸10日経ちました。
信じられない・・
おとうたんも 変わらずメソメソ泣いてます。

どっこも悪いとこなかったから お骨はきれいでしたよ~
ただ腰と後ろ足の骨がすこし弱ってたって言われたけど
寝たきりやってんから しょうがないよね。
粉も全部 残り残さず持って帰ってきましたよ。

パパさんも ありがと~



すももさん♪

ありがとう~
ルナのベッドも そのままにしてるの。
そこにいないのが不思議で不思議で。
少しずつ元気を出して 前に進まないといけませんね。
あと5日で18才8ヶ月だったのに・・
急な旅立ちで今でも信じられないけど
あっちとこっちで毎月 お祝いしてあげなきゃね。


秘密コメさん♪

はじめまして
お名前だけは拝見しておりました。

ルナたんの最後の姿を褒めてくださってありがとうございます。
ワタシの一番の願いを叶えてくれたルナたんです。
最愛の愛娘です。

何年経っても悲しみ 寂しさは消えませんよね。
気持ちが分かり合える人がいてくださると思うだけで
とっても救われる気がします。
お互いに ゆっくりゆっくり ぼちぼち進んでいきましょう。
コメントをありがとうございました。



うなパイさん♪

ありがとうございます。
あっという間に丸10日です。
私の中の時間は止まったままなんですけど。
でもゆっくり針を動かさなきゃいけないって思うようになりました。
月を見てルナたんのことを思い出してくれてありがとう。

また必ずみんなに逢いにいきますから 待っててくださいね。



emihanaさん♪

いつもお優しい言葉をかけてくださって感謝します。
忘れないでいてくれるのは 本当に嬉しいです。

いろんなことを考える中で 
ルナたんはもう少し早く逝ってしまうところを
私たちのために 予定より長く一緒にいてくれたのかな とも思ったりします。

またその逆も・・

考えても仕方がないんでしょうが
少しずつでもいいほうに考えられるようになりたいと思います。

いつも見守ってくださって 感謝します。



rococoさん♪

早いものでもう丸10日経ちました。
ルナが亡くなった夜は三日月だったのに
今夜は満月です。
犬を飼ってない人には わからないでしょうね
どれだけ かけがえのない愛しい存在なのか。
ROCOちゃんとこれからますます輝かしい生活を送られることを
願っています。

ルナたんに逢いに来て下さってありがとうございます。
嬉しいです。

| みどりん | 2010/01/30 05:24 | URL | ≫ EDIT

おーじろうさん♪

ありがとうございます。
ウジウジ根暗なので ドンちゃん騒ぎはおろか
出歩くこともできずにいます。
でもいつまでもこんなんじゃいけないなって少しずつですが
思えるようになってきました。

目には見えないけど ルナたんはいつも側にいてくれるんですよね。
たまにいたずら?をするので どきっとすることがあります。
今夜は満月です。
キレイなお月さまが見れるといいな~。


トマトさん♪

年末からごらんいただいてたんですね~
いやいや お恥ずかしいです。
更新もぴたっと止まってました。
おかあたん グータラしすぎてたんですよ。
笑顔で思い出が語れるように ゆっくり進んでいきますね。
ありがとうございます。


桜ママさん♪

毎日ルナのことも一緒に祈ってくださってありがとうございます。
死んでしまいたいとまでは思いませんでしたが
もうどうでもいい このまま病気になって死んでもいいや。
って思いました。 あれ?同じことかなぁ?
何度も何度も名前を呼んでしまいます。
どこかで聞いてくれてるかな~と思ったり。
いっぱいいっぱい話しかけますね。
ありがとうございます。


秘密コメさん♪

何度もありがとうございます。
ルナのこと好きって言ってくれてありがとうございます。
嬉しいな~

| みどりん | 2010/01/30 06:03 | URL | ≫ EDIT

りくたんさん♪

りくたんさんも悲しいお別れの経験があったのね。
どんなにしても 満足なんてないよね。
春までは大丈夫だと思っていたから
急な旅立ちで 私たちはオロオロするばかり。
情けないね。
ルナたんスマイルは永遠なのだ~


ちゃちゃママさん♪

温度差・・悲しいですね。
男の人って 立ち直り早いですよね。
仕事もあるし いつまでもメソメソできないのかな。
おとうたんは どうだろ・・
今はまだ 思い出しては泣くことがあるけど
やはりワタシよりは立ち直りが早そうです。
我が家も温度差を感じるときが来る予感が・・

でもね 改めて思ったんですが
ここへ着てくださる多くの方が 愛する子との別れを経験されてるんです。
そしてずっと悲しみ寂しくてたまらない。
みんな一緒なんだなーと思いました。
きっとこの寂しさを誰かと共有したいだと思いました。
私も同じです。
だから ちゃちゃママさん 一人じゃないんです。
何かを吐き出したくなったら いつでもここへコメントをしに来て下さい。
みんなきっと同じ気持ちで分かり合えると思います。
いっぱいいっぱい 一緒に泣きましょうね。

| みどりん | 2010/01/30 06:14 | URL | ≫ EDIT

よるままさん♪

いつも気にかけてくれてありがとう。
なんというか
いまだにいないのが信じられないというか
受け入れられないというか。
もう写真が増えることもないし なにもしてあげられないと思うと
本当に辛いですね。

同じ気持ちで毎日戦ってる人がたくさんいるんだなーって
改めてわかりました。
ルナたんにまた会いたいなぁ。
ゆっくり過ごすのも 今はまだいいけど
後ろめたさを感じるようになるかも、旦那に対して。



ちいちゃんママさん♪

ありがとうございます。

誰も笑ったりしませんよ。
お子さんがいらっしゃるかたも ワンコは子供以上って言う人もいます。
笑う人には笑わせておきましょう。

自分より先に逝ってしまうのは重々わかっていても
現実となるとそれはそれは 耐え難い悲しみです。

ちいちゃんが大事なお子さんだというのはブログを拝見すると
よくわかります。
今はたくさんの愛情をさらに注いであげて たくさんの幸せをあげてくださいね。
お優しい気持ち ありがたいです。
ありがとうございます。

| みどりん | 2010/01/31 04:47 | URL | ≫ EDIT

秘密コメさん♪

おとうたん おかあたん 泣かないでって心配してるでしょうね。
今はルナの幸せを願っています。
まだ謝ってばかりだけど まだまだ胸の奥が重いけど
ルナが私の子になってくれて本当に良かったって思います。
まだまだ波は大きくて ウジウジメソメソばかりしてるけど
これもまたいいですよね。
ありがとうございます。



ルナファンさん♪

そうですね、時間が解決するとはいうけど
そこまでにはまだまだ時間がかかりそうです。
もういないことを 嫌でも思い知らされています。
ゆっくりがんばります。



ゴン太さん♪

そうですね、いまは自然に任せようと思っています。
そのほうが後々のためにもいいように思うから。
月誕生日のお祝いありがとうございます。
嬉しいな~
カレンダーを見るのも辛いときがあります。
でもこれからも25日はお祝いしてあげようかと思っています。
いつも温かいコメントをありがとうございます 感謝。



nemokaさん♪

可愛い娘だよね~
かけがえのない娘。
絵本ありがとう。
連絡もしないでごめんなさい。
お気持ちとっても嬉しかったです。
旦那と二人で思い出話もしてるんですよ。
それでもやっぱり虚しいときがありますが
ゆっくり進んでいきますね。


秘密コメさん♪

ありがとー
ルナたんや私たちのためにいっぱい泣いてくれて。
ほんとにね~ ずーーと抱っこしたくて。
生きてるときにもっとしてあげてたらよかったのにって
またまた後悔!
ほんまにどうしようもないアホやわ~
秘密コメさんも大事な宝物の娘やもんね
まだまだ先のことだけど重なっちゃうよね。
大丈夫 ワタシはちゃんと踏ん張ってずうずうしく生きて行くわよ~
これからいっぱい応援させてもらうからね~。


天使さん♪

約19年近く 私のことをそっと支えてくれていました。
あの大震災のときも ずっと私の隣で座っていてくれて
ずいぶん慰められました。
ルナからはたくさんの幸せをもらいました。
ルナはどうだったのかな。
少なくとも おとうたんと暮らしたこの3年半は 幸せだったと
あの笑顔を見てそう思いたいです。

今もルナの痕跡を求めています。
匂いも消えていき ますます寂しさが募ります。
きっとずっとこの先もこんなんだろうと思います。
死ぬまで忘れることはありません。
それでも思い出に少しずつ変わって 笑顔で話せる日がいつかは来ると信じています。
ルナには感謝しています。
うちの子になってくれてありがとう。
幸せをいっぱいくれてありがとう。
最後まで親孝行でありがとう。
ルナたんが未来永劫 幸せでありますように。



海ママけいさん♪

ありがとうございます。
おかあたんはいつまでも めそめそして
付き合ってられんわ~ って
どこかへ行ってるかもしれませんね。
少しずつですが前向きに考えるようになりました。
ルナたんらしく おかあたんらしく
ずっとおちゃらけで いなくてはね。



犬好きさん♪

話を聞いてくださっていてありがとうございます。
ここへ書くこともなくなってくるのが
それもまた悲しいです。
いろいろ考え込むこともありますが
模索しながら進んで行きますね。
ありがとうございます。

| みどりん | 2010/01/31 05:21 | URL | ≫ EDIT

ななママさん♪

ななママさん ありがとうございます。
ナナちゃんが亡くなったときは どう言葉をかければいいのかわからず なにもコメントできなかったのに
たびたび ありがとうございます。申し訳ありません。

ナナちゃんが亡くなってからも ずっと明るく気丈に更新されているのを拝見して
尊敬の念を抱いていました。
わたしもそうでなければ・・

涙で水嵩を増やしてあげたんですね。
ふふふ 楽しいですね。
ルナはかなづちだったので あっぷあっぷしてますね~(笑)

おかあたん 泣きすぎやの! って怒られそうです。

自分の分身であり 片割れみたいな存在ですよね。
ゆっくりゆっくり進んでいきますね
ありがとうございます。


そら&みどりさん

ブログを褒めていただきありがとうございます。
そう言っていただくと 救われます。
ブログをやってよかったな~。

16歳の実家の柴ちゃん 幸せに暮らしてるんですね~。
老犬って本当にめちゃくちゃ可愛いです。
最後まで天寿を全うして幸せな犬性を過ごされることでしょう。
ルナたん 見守ってくれてるかな。
ワタシもルナたんのことを 見守ってあげたいな。

| みどりん | 2010/01/31 05:33 | URL | ≫ EDIT

秘密コメさん♪

ありがとうございます。
おとうたんもワタシも 泣きながら拝見しました。
泣きながらも笑ってる状態でした。
そうか~ おとうたんにがうーっていってたのは
おかあたんを半分こするのが 嫌だったのか~
嬉しいなー しあわせだな~
ルナは陽気な子でした。
犬嫌いでヒトには愛想を振りまく子でした。
本当にありがとうございます!
感謝感謝です!!


さくらっこさん♪

いえいえ ワタシにはこれしかできることがなかったから。
それでも 特に今年に入ってブログもサボって
ルナの写真も少ししかなくて。
本当に酷いことをしてしまいました。
考えてもしょうがないことを 考えてばかりいます。
心が痛いです。
胸のずーっとずーと奥が苦しいです。
わたしって後悔ばかりの人生です。
ほんまのアホです。

四十九日が終ったらすこしずつ気分転換もできるようになるかなぁ?


indyさん♪

何度も足を運んでくださり
またご心配くださり感謝します。
大切な人との別れは 本当に辛いですね。
生きて行くのさえ怖くなるほどです。
寂しくて悲しくて泣いてしまうのは しかたがないと思います。
それも全部見守ってくれてるんでしょうね。

まだまだ胸の苦しい時間のほうが長いですが
少しずつ 笑顔を取り戻せたらと思います。
indyさんもお体大切にね。


なびこさん♪

いつも見守ってくれていてありがとう。
まだ10日 もう10日
今日が何日で何曜日なのか わからない生活です。
今までどう過ごしてきたのかも。
ゆっくりゆっくり 歩いていきますね。
心配してくれてありがとう。

| みどりん | 2010/01/31 05:51 | URL | ≫ EDIT

ふらっしゅままさん♪

ありがとうございます。
ぴっかぴかのルナたんは 自慢の娘です。
お褒めいただいて嬉しいです。
何年たとうが 悲しみや寂しさは癒えることはないですよね。
でも仰るように しっかりと生きて行くことが供養になると思います。
今はまだ時間がかかりますけど。

ルナにはやりつくしたと言えるほどのことは してあげれてないけど
ぴかっぴかで送り出すことができて 良かったと思っています。
ゆっくりゆっくりですが ルナたんに見守られながら
またルナたんのことを想いながら しっかりと歩いていこうと思います。
追善回向 ありがとうございます。感謝いたします。



くまのかぁちゃんさん♪

ルナのために いっぱい泣いてくれてありがとう。
悲しんでくれてありがとう。
本当にルナは幸せな子です。

ネックレスもありがとうございました。
何の連絡もせずごめんなさい。
お気持ち とーっても嬉しかったんですよ。
今はルナたんのお骨にかけてあげてます。
きっと自慢して見せびらかせてると思います。

車にルナの写真を貼ってくれてるんですね~
我が家も 車に貼ることにしました。
これからも ルナたんのこと忘れないでいてくださいね。
本当にありがとうございます。


くぅちゃんさん♪

同じ想いをされてる方の多いこと。
一人じゃないと想うと 心強いです。
記念日や行事があると せつないですね。
ずっと一緒にいた子がもういない。
そう思うと意味を感じなくなります。
色さえ感じなくなります。

愛犬との別れにも人それぞれ さまざまなんですね。
胸を張って泣かせてもらいます!
同じ痛み苦しみを共有できるのって ある意味幸せなのかもしれませんね。
わかってくれる人がいるのって本当にすごいことです。
ありがとうございます。
これからも話を聞いてくださいね~
よろしくお願いします。


たろうママさん♪

部屋から痕跡がなくなっていくことの
やりきれなさ。
まだ10日で なにも手付かずでそのままにしてるけど
ルナの匂いがしません。
服についてたよだれの匂いも消えてしまいそうです。
ルナの匂いをかぎたいです。



ぺロさん♪

同じです。
掃除をするのも酷な気がして
何も手付かずです。
服やブランケットに付いた毛を必死で集めています。

部屋の隅に固まった毛玉もそのまま・・

同じですね。
違うのは祭壇があるってこと
ルナの姿がないこと。
それだけです。

| みどりん | 2010/01/31 06:18 | URL | ≫ EDIT

あきこさん♪

我慢しなくていいんですよね。
ワタシも我慢しません(笑)
ずっとずっと胸の奥が重たいというか
苦しい感覚が消えません。
寝てるときだけです。
寝ていてもすぐに目が覚めます。
目が覚めた瞬間から 胸が苦しくなります。
いつかは軽くなる日がくるんだろうか。
今でも やはり謝ってばかりですが
ルナの幸せを願う気持ちがルナに届いてくれたらいいなと思っています。
本当に寂しくて寂しくてやりきれません。
今は月日が流れて行くのさえ残酷に思えます。
このまま止まって欲しい。
一緒に泣いてくれてありがとうございます。
同じ気持ち同じ想いの人がいると思うと それだけで安心します。
いつも温かい言葉をかけてくださってありがとうございます。



ぽぽさん♪

ルナはワタシの魂の片割れみたいでした。

そう なぜかワタシもずっと寒かったです。
寒くて寒くてずっと震えていました。
初七日を終えていつのまにかそれはなくなりましたけど。。
名前もずっと呼んでいます。
聞いてくれてるかな?と思いながら 何度も何度も。

月ってルナたんみたいです。
白くて丸くてほわんと温かくて。

まだまだ胸の重みは取れないけど ルナのためにも
そしてルナの笑顔を楽しみに足を運んでくれてた人たちのためにも
少しずつ 明るさを取り戻していければと思います。
ルナたんファンは永遠・・ありがたい言葉です。
本当にありがとうございます。



アイさん♪

温かい言葉をありがとうございます。

ルナたんのお目目は棺に入っていても きらきら輝いていました。

ロビンくんも最後はきっとアイさんへの感謝の気持ちでいっぱいでの旅立ちだったんでしょうね。
すばらしい最後を一緒に過ごされて よかったですね。
ルナはちょっと急だったので あまり穏やかにゆっくりと過ごせてやれなかったので
かわいそうなことをしました。
みんなから命のバトンを受け継いでから たったの4ヶ月ほどしか経ってないんですよね。
もう少し頑張れてたんじゃないかと 後悔ばかりしています。
本当に幸せだったのかな・・
今年に入ってあまり抱っこもしてあげれてなかったので
本当に申し訳なくて。
うじうじばかりしています。
気配は全然感じないけど 側にいてくれると思って
少しずつ進んでいきますね。
いろいろとありがとうございます。感謝。


おもいいぬさん♪

時間が解決ですね。
2年近くべったり介護生活を送っていたので
そのぶん思い入れも多く なかなかすぐには無理だと思います。
ルナに会いたくて 過去ログや動画を観るのですが
なんともいえない虚しさ寂しさを感じてしまいます。
まだ生きてるような錯覚もおこします。
何年経っても今より少しは心が軽くても
笑って観れることはないと思います。


ベルママさん♪

ありがとうございます。
ルナは正真正銘 ワタシの娘です。
今度はちゃんと人間で私たちの子供として生まれてきて欲しいです。

最愛の子をなくして 立ち直るまでにはかなりな時間がかかるとは思います。
無理をせずゆっくり 流れに身を任せていこうかと思います。
このブログもゆっくり書きたいことをゆっくり書いていこうと思っています。
優しい言葉をありがとうございます。感謝です。

幸せオーラ 感じてくださいましたか!
うれしい~ ありがとうございます♪


黒松の姉さん♪

早いですね~ もう2月です。
月日の流れも今は残酷に感じます。
私の心は20日で止まったままです。

写真は生前からたくさん飾っていました(笑)
それが今は祭壇に置かれているのがまた悲しくもあり。

たまに昔の記事や動画を観るんですが あとでとってもむなしくなります。
胸がずっと苦しいです。
観てるときは親ばかなもので どれを観ても かわいい~って言ってます。

泣き言を書いたりすることがあるとは思いますが
よろしければお付き合いくださると幸いです。

温かいお言葉をありがとうございます 感謝します。

| みどりん | 2010/02/01 05:31 | URL | ≫ EDIT

鍵コメさん♪

お互いに完璧 ペットロスやね。
わたしらは ルナたんロスって言ってるけど。
全然おかしくなんかないと思うよ~。
ワタシも同じ感覚よ。
自分のときと重なって泣いてしまうのわかる。
友達もその当時のことがフラッシュバックして泣いてばかりって言ってた。

今回ね たくさん同じ気持ちですごしてる人がいるってことが
すっごくよくわかった。
何ヶ月 何年たっても ずっと引きずってる人が多いんやな~って思うと
なんだかとても安心できた。
同じ気持ちを分かり合えるってすごいことだし
またお互いに励ましあえるんやなって。

今はルナみたいな べっぴんわんこには
もう出会えないって思ってるけど 縁のある子に出会えたら
考えるかもしれない。
でもまだ先のことだけどね。
 
あのね 自分のとこにはすぐに帰ってこないとか
そんなふうに考えたらいかんよ。
こればっかりは誰にもわからないことなんだから
自然の流れに任せようよ、お互いにね。

泣き虫弱虫な オバハンになってるで~(笑)



フランママさん♪

まだまだ全然ダメですね。
胸が苦しいです。
過去の記事を読んでくださってありがとうございます。
旧ブログで消えてしまった記事が 本当に悔しいです。
アニマルコミュニケーター という存在は知っています。
でも聞くのが怖いですね。
無理やりご飯食べさせられて 辛かったよ
もっともっと抱っこしてほしかったよ
なんてことを言われたら死んでしまいそうです。
和んこ堂さんの日記 教えてくださってありがとうござます。
すぐに見に行きました。
コメントは残せませんでしたがメールしておきました。
ルナはたくさんの人に愛されて 飼い主である人間以上のすごい子だったと思います。
これもフランママさんをはじめ たくさんの方に応援していただいてたおかげです。
本当にありがとうございます。



natsuさん♪

今の悲しみが時間とともに多少は薄らぐことがあっても
消えることはないですよね。
情緒不安定はワタシも同じです。
そうなんですよ
今のこの悲しみ寂しさ ぽっかり開いた胸の穴が薄らぐことさえも
怖くあり寂しくあり ルナに申し訳ない気がします。

またウジウジ泣き言のないようになったり少しは楽しく書いたりと
浮き沈みがあるかと思いますが なるべく楽しく書けるように
頑張りたいと思います。
温かな応援をありがとうございます。感謝します。

| みどりん | 2010/02/01 06:07 | URL | ≫ EDIT

エディさん♪

温かなお気遣いのお言葉をありがとうございます。
悲しむ私たちをルナたんはどう思ってるんでしょうね。
もう悲しまないで・・
そんなに愛してくれてありがとう・・
両方の気がします。
でも自慢してもらえるような おとうたんおかあたんでは
なかったです。
結局私たちの都合に合わせてばかりで しんどい思いをさせていたのではないかと思います。

ルナのぷっちぷちな体を見ると胸が締め付けられます。
一年前よりふっくらしていて 愛らしい姿が余計に辛いです。
贅沢ですね。
私たちにしたら本当に急な旅立ちだったので 呆然とするうばかりです。
もっと早くいろいろ手を尽くしていればよかったと。

動画ありがとうございます。
拝見しました。
とても優しい歌ですね。
いつも見守ってくれてると思って 強くいなくてはいけませんね。
いろいろとご心配をありがとうございます 感謝します。


おーじろうさん♪

そうですね~
今回のことでたくさんの方が愛する子との別れで
かなしみや寂しさと戦っておられる人がいるのを知りました。
ルナたんを通じて そういう方たちとお話ができて
本当によかったと思います。

ルナたん 月みたよ~
めっちゃキレイやったやん
ルナたんらしいわ~ ほんまにきれいで見惚れたよ~

ルナたんには暗闇の足元を優しく照らしてもらって
心強かったです。

おーじろうさん いつもありがとうございます。



鍵コメさん♪

そっか~ びゅんびゅん走り回ってるんやね
それでうちにある 箱とか落としてるんやね
おとうたんにクリームいっぱいもらった?
おともだち 連れて行ってるんやろ?
人気者みたいで よかったね~
いっぱいいっぱい 愛される子でいるんやで~



sachikoさん♪

パピーのときとはまた全然違う可愛さが老犬にはありますね。
すべてを飼い主にゆだねる姿勢。
介護するようになって 崩れ去ることのない
信頼関係が生まれたように思います。
介護させてもらってよかったと思います。
また人間の子と違って ものを言わないだけに
不憫であり 愛しいですね。
ルナたんが幸せだったと仰ってくださってありがとうございます。
ぴかぴかふわふわルナたんで送り出せたことだけが
ワタシの誇りです。

ななちゃんも sachikoさんも頑張ってくださいね!
応援しています。


まみさん♪

祭壇 立派ですか?
ありがとうございます、ちょっとお恥ずかしいです。
部屋が狭いので 小さなテーブルに置いてるだけなんですよ。
そうですね 私のそばでまたストーカーしてるかもしれませんね。
励ましの言葉をありがとうございます。



ぢゅんこさん♪

追悼の記事をありがとうございます。
すぐに見に飛んで行きましたよ~。
素敵に書いてくださってとっても嬉しかったです。
ルナたんといっしょに照れてました~。

そうですね ワタシも生命は永遠だと思っているので
また生まれ変わってくると信じています。
ルナはおっちょこちょいのところがあるので
ちゃんと私たちの前に現れてくれるか かなり不安です~(苦笑)


鍵コメさん♪

いつもありがとうございます。
月を見てルナたんのことを思ってくださり感謝します。
夢の中へは出てきてくれたんですよ。
またいつか記事に書きたいと思っています。
ルナたんは永遠です。


松の実さん♪

ありがとうございます。
ルナたんのいなくなった空間は なにをしても埋まりません。
正直言って いま父親が亡くなったとしても
ルナほど悲しくないと自信を持っていえます。
親不孝ですが でもこれが事実です。
ワタシは母が亡くなってもう20年以上経つので 前のような
寂しさは薄らぎましたが やはり生きていてくれたら・・と考えることが多いです。

毎日何を食べてるのかわからない状態ですが
粗食は体にいいというので これもいいかなと(笑)
おとうたんには かなり迷惑かけてる駄妻ですけどね。

松の実さんもお仕事されながらで大変でしょうが
どうかお体に気をつけて 寝れるときは寝て備えてくださいね。

いろいろとお気遣いありがとうございます。
これからも茶々ちゃんと松の実さんのことを応援させてくださいね。
落ち着いたらまたコメントをしに伺います。


ルナファンさん♪

たびたびのエールをありがとうございます。
笑顔の日が多くなるよう がんばります。
ご心配に感謝します。

| みどりん | 2010/02/01 07:02 | URL | ≫ EDIT

ツバサの兄貴さん♪

月を見てルナたんのことを想って下さってありがとうございます。

ルナたんは私たちにたくさんのプレゼントを置いていってくれました。
そのなかに大切な友達があります。
ルナたんには感謝です。
そういうものを大事にしながら ルナたんのことを笑顔で語れるようになりたいと思います。
いつも温かな励ましに感謝します。
ありがとうございます。
ルナは関西の子なので つっこみは外しません(笑)



すべママさん♪

コメントしづらいお気持ち よくわかります。
それなのに 温かな言葉をかけてくださり感謝します。

そうでしょ ルナたんもうすぐ19歳とは思えないような
愛らしさでしょ~ 体もぷっちぷちでしょ~(笑)
これも自慢なんですよ~(親ばか?)

やっぱりね 介護してきたからでしょうか
余計に愛情が深く強くなった気がします。
実家にいた先代犬は母の子って感じで 病気で急死したので
そのときは悲しかったけど わりとすぐ立ち直っていたように思えます。
それでも寂しくて・・とルナを迎えたわけなんですが。
手のかかる子ほど可愛いって そのとおりだなって思います。
ルナは昔から 人に好かれる不思議な力を持った子でした。
もうこんな子には出会えないかなーなんて思っています。
幸せオーラは ワタシが幸せだったからなのか
ルナから出ていてそれが私にも伝染したのか わかりませんが
短い時間だったけど 穏やかな空間でした。
車から降りるときは 私から離れたくないって言ってたみたいでしたし。
いいように考えすぎかな(笑)
そうですね ルナはいつも傍にいてくれてると思います。
気配は全然感じないんですけどね~

| みどりん | 2010/02/01 07:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sibawankoluna.blog114.fc2.com/tb.php/550-635300ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。