PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月19日のこと~後編~



みなさん こんにちは。

いつもご覧頂き ありがとうございます。

そろそろ 19日のこと~後編 を
書かなくては・・・と思いつつ
なかなか 気乗りせずにいました。


ルナたんが亡くなって18日。

もう18日 まだ18日

おかあたんは ルナがいたときより
引きこもりが激しくなりました。


お恥ずかしながら 部屋の掃除は
まだ一回もしていません。

ルナの毛や 匂いがなくなるのがいやだからです。

ルナのお供だった スティッチのぬいぐるみや
最後に使った 敷布 ブランケット
洗濯してない服などは ひとまとめにして
圧縮袋へ保存しました。

それだけです。

ルナたんがいつでも寝そべれるように
ベッドもそのまま置いてあるし

なにも片付けられずにいます。

ルナがいたときのままです。


変わったことといえば

ルナがいないこと
祭壇があること
そして
我が家から 笑い声が消えたこと



19日の後半のこと 

改まることでもないのですが
最後に 心憎いことをしてくれたので
それを紹介したいと思います。



21時6分


ルナがよく寝てくれていたので
目を覚ましたときに備えて

ワタシも少し寝ようかな~
でも目を覚ましたのに気付かなかったら アカンしな~


とルナのとなりに寝転んで覗き込むと
気配を感じたのか 目を覚ましました。


22時ごろだったかなぁ?

お水を飲ませると
自力でペチャペチャと少し飲みました。

抱っこしたまま口を拭いてると
ワタシの太ももに 生温かい感触が。

オチッコが少し出たんです。

オチッコの量が少なくなっていたので

オチッコ出たん~ よかったね~

とナデナデしていたら 今度はポトンという音。

ゲリではない 小さいけどしっかりしたウンPでした。

ウンP出てよかったね~ えらいな~

ぎゅーっっと抱きしめて いっぱい褒めてあげました。


22時半ごろ 

蜂蜜を少し舐め フードもほんの少しだけ食べてくれ
それからはずーーっと抱っこしていました。

途中で ルナもワタシも抱っこがしんどくなりましたが
今思えば 離さなくてよかったと思います。

それからしばらくして
ふとワン友のことが 頭をよぎり
写メを送ろうと 思い立ったんです。

でも時間が遅かったので
絶対に起きてそうな人にだけ 送りました。


それが23時40分から始まり
送り終えたのが 0時11分


そのときの写真です。





1月19日 23時40分
23時40分


1月19日 23時43分
23時43分

23時44分
23時44分




このときは まさか死んでしまうなんて思ってもいなかったので

ルナたんは 頑張ってますよ~
安心してね~


そういうつもりで送りました。


ちょっとしんどそうなルナたんでしたが
少し落ち着いたように思えたので
0時半ごろ栄養スープを 無理矢理(汗)飲ませました。

メールの返信に目を通したり
また返信してる間に
ルナの息遣いが荒くなってきたんです。

40分過ぎ
さらに息遣いが荒くなったので
おとうたんを起こしました。

10分ほどで 息遣いが穏やかになったので
治まったと少し安心したんです。


そのときが前に載せたこの写真です。

8分前


おかあたんとの最後のツーショットが
おかあたん 携帯電話を触ってるっちゅーのが
すべてを物語っているようで
これまた悲しい。


両手でルナたんの顔を包んでいて
ルナたんの顔が
コクン・・コクン・・と
ゆっくりと 静かに 2回だったか3回だったか
動いたので 胸元を見ると 息をしていたので
安心し 一瞬 おとうたんのことを見て
もう一度ルナを見ると 息をしていませんでした。

すぐには信じられませんでした。

ルナ・・と抱きかかえようと布団をめくると
軟便が少し出て お尻が汚れていたので
そのまま横にして キレイにしてあげました。

このとき しっかり抱きしめて泣いていたらよかったと
今では悔やまれます。

呼吸が落ち着いたときには
少しずつ全身の力が抜けていたんでしょうね。
途中で ウンP臭かったから
おとうたんに 出てないか見てもらったんですが
そのときは 出ていませんでした。


最後に頭が コクンと動いたのは
息を吐き出してたのか 吸い込んでいたのか わかりませんが
呼吸で動いたのだと思います。



最後に送った ルナたんの写メも
きっとみんなに
今までありがとう~
お礼が言いたくて
おかあたんに 送ってと
言ってくれたんだと思います。

ルナたんは おかあたんに似て
律儀な子ですね(笑)


あと不思議だなって思うのが
ルナの体は だんだん小さく縮んでくるようで
胸を痛めていたのですが
亡くなってから ルナたんの体が
大きくふっくらと感じました。

抱っこした感覚が 亡くなる前とは全然違って
ふんわり大きくなっていたんです。

元の体に戻ったんやなーって思いました。


20100206_1.jpg



それとあとひとつ。

うっすらと開いていたお目目が
棺の中に入って はっきり開いたことです。


携帯にて



まるで最後にしっかりと
おとうたんと おかあたんの顔を見ておきたくて
開いたかのようです。

いいように考えすぎかしら?


16時26分



その目は 生きてるときと何も変わらず
うるうる光り輝き カワイイ目のまんまでした。


後日 おとうたんが突然恐ろしいことを言い出しました。





ほんまは生きとったんちゃうか
生きたまま 焼いてしもたんちゃうか





ひぃぃぃぃぃぃいいっ

なんちゅう恐ろしいことを。

ワタシも一瞬 そうかも? って思ったけど(思うな)
体は冷え冷え~やったし~。

死んでたよねぇ?? ・・たぶん・・きっとそう。


それぐらいルナたんの亡骸が美しかったってことです。



今日は暗い内容で
それもダラダラと長い駄文を読んでくださり
ありがとうございました。

| 未分類 | 04:34 | comments:33 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まだ、18日

みどりんさん、私も一度も掃除機かけていません。
6日はペロの月命日で5ヶ月経ちますが・・・

だから、まだ18日しか過ぎていないのですから
そのまんまでいいです。

圧縮袋かあ、思いつかなかったな。
匂いを封じ込めておけばよかった。
だんだん家の中から匂いが消えていくんですよね。

私はみどりんさんがうらやましい。
ルナたんの写真や映像がいっぱいあって。
ほんとにうらやましい。

ずっと抱っこしていた、というのもうらやましい。
一瞬しか目を離さなかったのもうらやましい。

すばらしい理想的な旅立ちです。

ルナたん、幸せだね。

| ペロ | 2010/02/06 05:25 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/02/06 07:17 | | ≫ EDIT

もう、18日

後編、お時間かかった事、お気持ち察します。
有難うございます。

私にはもう、18日もたった?と思えます。
まだ、信じられないと思うからかも。

大事な人を失った後は、あれもこれもすればよかったなと
後悔する事もありますよね。
絶対にありますよ。

圧縮袋案はいいですね。
今度、開けるとほんわかルナ香りがするかも。
そのままの形で封印されるから、思い出がきっちりと詰められていい。

本当、ルナたんの目、少々、大きくなっていますね。
みどりんさんとおとうたんのお顔が見たいって、本当かも。
カメラ目線で、やっぱりクリクリしている。

お棺の中のルナたんは気持ちよさそうです。
最後も安らかにみどりんさんに強く抱かれて、
旅立ちました。すばらしい旅立ちです。
ブラボー ルナちゃん。

みどりんさんのお鼻が心配ですよ。

| トドまま | 2010/02/06 08:24 | URL | ≫ EDIT

そうそう、ルナたんのおめめ、気になっていたの。。
以前にも、亡くなった子の目が 亡くなってから、
開いたのを 見たことがあったから。。

ふわふわのルナたん
まだ、息しているみたいって、思っちゃうよね。。
やっぱり、かわいいね!
ほんとに、かわいい!

| なびこ | 2010/02/06 08:36 | URL | ≫ EDIT

今、書いて残しておかないと・・・と言うお気持ちがおありでも
ひとつひとつの瞬間のことを、もう一度頭の中で経験し直すような作業は
どれほどお辛かったことでしょうね。
でも、こうして記事にしてくださったおかげで
ルナたんのお別れに、私たちみんなが立ち会えたような
そんな気持ちになりました。
そして、改めてルナたんが、どんなに安らかに穏やかに
暖かいものに包まれて旅立って行ったのか、よくわかりました

命あるものとして、最高の旅立ちだったと思います。

ルナたん、とってもとっても可愛い!
どんな瞬間のルナたんもみんな
抱きしめたくなるほど可愛い!
だから、よけいにいなくなったなんて
信じられないような気がします。

みどりんさん、ほんとうにありがとうございました。
どうかお疲れが出ませんように・・・。

| emihana | 2010/02/06 08:58 | URL | ≫ EDIT

もう18日もたってしまったんですね
毎日ルナちゃんに会ってるので信じられないです
お燗の中のルナちゃんはふわふわで気持ちよくお昼ねしてるように見えます
目も少し大きく開いてお父さんとみどりんさんのことを
チャンと目に焼き付けたんでしょうね
本当に可愛いルナちゃん
みどりんさん体に気をつけてくださいね

| 海ママけい | 2010/02/06 10:28 | URL | ≫ EDIT

みどりんさんが、とても丁寧に冷静に書いてくださっているので、
途中までは私も、悲しいけれど、改めて理想的な旅立ちを羨ましく思ったり、
幸せそうな微笑みをたたえるルナたんをナデナデしたり・・・
でも、おとうたんさんの一言で、号泣してしまいました。
私も絶対、こういう風に思ってしまうと思うのです。
目の前から消えてしまったかけがえのないもの・・・
どんなに穏やかで納得の旅立ちであったとしても、
理性も常識も分別も思考能力も吹き飛んでしまって
突拍子もないことを思い、ひどくなると自分を責めてしまうのでは?って。
もしかすると、おとうたんさんはブラックユーモア的におっしゃったのかもしれませんが、
私の胸にはとてもずしりとひびく言葉でした。
おとうたんさんもみどりんさん、そちらは暖かくなったり
さむくなったり差が激しいようですので、どうぞ体調には
お気をつけください。

| 松の実 | 2010/02/06 10:37 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/02/06 12:05 | | ≫ EDIT

みどりんさん、気乗りがしない中、ルナちゃんの事有難う~。
読んでいると、どーしても、涙が出ちゃうけど、やっぱり私も、とっても羨ましいし、ルナちゃん、そして、おとうさん、みどりんさんは、幸せだよ~~って、大声で言いたいよ~。
寝るがごとく、ルナちゃんは、違う世界に行ったんだと改めて思った。
動揺させない為に、静かに。。。
最後のルナちゃんの瞳は、沢山言葉伝えている瞳だった!
ずーとずーと、家族と一緒だよって!

笑い声が消えたって…
我が家も笑い声無いわ~(^^ゞ
だって、ネタ無いしね(笑)
でも、笑うみどりんさんを、ルナちゃん見たいと思うよ~。
ネタ作りを応援しますよ~~~(^^ゞ

| りん子 | 2010/02/06 12:25 | URL | ≫ EDIT

私もそう思いました

前の犬(ちろ)が旅立ったとき、ペット霊園の方が迎えに来て下さったのですが、車に乗せて最後に撫でたときもとっても暖かくて、妹と「これはまだ生きてる」と言ったんです。
霊園の方は「残念だけど亡くなっていますよ」とおっしゃいましたが、車が出て行っても「生きてたんじゃないか」「とんでもない事をしてしまったんじゃないか」って、うろたえました。あとでお骨になって戻ってきたのですが、その思いはしばらくは消えなかったです。

それまでに祖父・祖母の最後に立ち会いましたが、どちらも大きな深呼吸を3回して亡くなりました。
そしてちろも二回大きな呼吸をして、こもった声で一声吠え、逝ってしまいました。

30年経つけど忘れられません。きっと妹もそうだと思うけど、忘れない私たちが居る限り、ちろは生きているんだと思っています。

| まり2号 | 2010/02/06 12:55 | URL | ≫ EDIT

ルナたんは永遠

ルナたん、おかあたんこんにちは。
最後の時を思い起こして書くのはおつらいことだったでしょう。
ルナたん、少しの時間つらかったでしょうけど、
最後はおかあたんに抱かれて本当に理想的な旅立ちでしたね。
本当にえらかったね。
よく、がんばりました。
ルナたんは、おかあたん、おとうたんに出遭うために、遠い昔からの約束のもとに舞い降りたのですね。
そして、時が満ちて旅立ったのですね。
そして、またちゃんと約束して旅立ったのでしょう
必ず、おかあたんおとうたんを見つけて戻ってくると。
だから最後も棺の中ではちゃんとお目目を開けて
ご両親を見つめていたのですね。
しばらくのお別れだけど、ルナたんは必ずお二人を見つけ
また約束のもとに戻ってきますよ。
見取られて旅立てる子はその子が幸せだった証だと
お坊様に聞いたことがあります。
だからまたいつかお二人に幸せを運んで帰ってくることでしょう。
もし、姿、形が変わっていてもおふたりにはルナたんって
必ずわかるでしょう。
多分相変わらずあの可愛い笑顔だと思います。
おかあたん、ルナたんは高いお空にいますよ。
まだまだ、下ばかり見るうつむきな生活でしょうが
ルナたんのいる上も見てあげてくださいね。
ルナたんだーいすき。

| 桜ママ | 2010/02/06 12:57 | URL | ≫ EDIT

お棺の中のルナちゃんのお目目、「ワタチ幸せでいっぱいだったよ、おかあたん本当にありがとう」って訴えていますよ。
本当に澄み切ったいいお目目です。

最後の日は苦しかったけど、最愛のおかあたんの側から虹の橋に旅立たれた事、不幸中の幸いです。

哲は最後の日の朝、癌があっちこっちに転移し、DIC(播種性血管内凝固症候群)という全身の血管から出血して血が止まらなくなる状態に以降し、腹腔内で大出血し、お腹一面紫斑が出ている状態でした。
慌ててかかりつけの病院にかつぎ込みまして、輸血を含めて打てる限りの手を打ってもらいましたが、翌朝まで生きている確率は50%以下との事。
獣医師は強く入院を進めましたが、意を決して連れ帰りました。
病院内のICUゲージで、「ここからだして」と訴えている姿、「帰りたいか?」って聞くと、最後の笑顔で「ワン」と答えた姿が忘れられません。

死ぬ直前、血を吐いてものすごく苦しみまして、スポイトで水を飲ませてやったら、本当に美味しそうに末期の水を飲んでくれました。

結果その日の23時30分に生き絶えました。
自宅で家族全員の腕の中での最期でした。

病院で1人で死なせないで本当によかったと思っています。

ルナちゃんも最愛のおかあたんの側で旅立てて、本当によかったね。
生きているうちに会えたら良かったけど、虹の橋で哲と一緒に遊んであげてね。
虹の橋では哲の方が先輩だけど、犬生ではルナちゃんの方が大先輩だもんね。

哲が、生きてた時みたいに虹の橋で雄ワンコにガウったら、
「ちょっとキミ、ここではみんなお友達やからガウガウ言うたらあかんで」って注意したってね。
ちなみに哲も阪神ファンなんやで。

哲の弟犬「虎哲」の虎はタイガースからとった虎やねんで。
虹の橋から、哲と一緒に阪神応援したってね。

| 虎哲パパ | 2010/02/06 14:13 | URL | ≫ EDIT

みどりんさん、もう18日か、まだ18日か、って両方そう感じますよね。
引きこもりになると身体に毒ですが、今はみどりんさんの思うがままに過ごされて下さい。自然が一番です。無理は禁物ですよ!
えらそうな事言ってすみませんm(__)m
棺の中のルナたんはホントにお目めが開いてますよね!私も一瞬寝てるのではないかなって疑いました。
最後までおとうたんとみどりんさんに感謝のお礼を言いたくて、そういう現象が現れたのでしょうか!
ルナたんとおとうたんとみどりんさんの絆の深さが物語っています!
まだまだ日が浅いですから無理をなさらずにお体ご自愛下さい。

| ゴン太 | 2010/02/06 14:56 | URL | ≫ EDIT

そうです。
私もまり2号さんと同じ事を考えていました。
「ルナたんを忘れない私たちがいる限り ルナたんは生きている」
私たちはルナたんの事は忘れません。
だから ルナたんは死にはしないのです。

| tabachabu | 2010/02/06 16:21 | URL | ≫ EDIT

すごく冷静にまたはっきりと最後のルナたんの様子を知らせていただいて本当に幸せな最期だったことがやはり一番うれしいです.
可愛いつぶらな瞳のルナたん,,,まるで生きているまんまのようでおとうたんが生きてたんと違うかーっていう気持ちわかります.
別れは辛いことです,,,嘆きかなしまずにと思ったってそれは無理なことなので今は心の思うようにしていってください.
でもきっと笑顔や笑い声が出るようになるときが来ると信じていますよ.
今はルナたんのことで一杯だけど縁があったらルナたんの弟妹を迎えてまた幸せな絆をつないでいけたらいいですね.
どうかお体に気をつけてまたブログでお会いできることを楽しみに待っています.

| 犬好き | 2010/02/06 16:28 | URL | ≫ EDIT

更新ありがとう。

「生きたまま焼いてしもうたんじゃ・・・」というおとうたんの気持ちすごく分かります。
本当に安らかなお顔で眠っているだけみたいだもん、ルナたん。
亡くなったことは悲しいけれど、みどりんさんに抱っこされて最期までぬくもりを感じてたよね。
一瞬ルナたんを離しちゃったけど、「お尻もきれいに拭いてくれて気持ちええわ~」って
嬉しく思ったんじゃない?柴ちゃんはきれい好き多いですから。
月を見ても洗剤を見てもルナたんを思い浮かべますよ。

| もじ子 | 2010/02/06 16:43 | URL | ≫ EDIT

ルナたんはとっても幸せでしたね~。
きっとお二人にすごく感謝しているのではと思います。
だからきれいだったんでしょうね。
きっと虹の橋でお友達と一緒に走り回って、
みどりんさんたちがいつか来るのを待っていますよ。


| そら&みどり | 2010/02/06 17:04 | URL | ≫ EDIT

みどりんさんの気持ちが落ち着いてないのに涙を抑えながら
後編を書かれてるんでしょうね。
でも最後のルナちゃんの瞳がキラキラしてる姿を見れて
「私すっごい幸せやってんで!」って言ってるのが分かるような気がします。

みどりんさん引きこもりはダメですよ。
そんなんじゃルナちゃんが心配しますよ。

| りくたん | 2010/02/06 17:53 | URL | ≫ EDIT

みどりさん、後編をありがとうございます。

棺のルナたんの目は、本当にキラキラでいつもの瞳ですね。
小さくなっていくと心配なさっていたルナたんの体も亡く
なってから大きくフワッっと感じたというお話・・・本当に
親孝行な子ですね。みどりさんとおとうたんの深い愛情に
律儀に応えてくれているように思えます。

私も愛犬が亡くなった時、体が最後まで柔らかく目を微かに
開いていたので、生きているのかも・・・なんて密かに思って
いました。呼吸も心臓も止まっていたのに。

ルナたん愛用の品、圧縮袋ならばルナたんのにおいも保管
出来ますね。私は愛用の歯ブラシをのにおいをかいでみま
したが、無臭になっていました・・・。においも、ぬくもりも
とても恋しいです。

まだ寒い日が続きますが、ご自愛くださいね。

| 黒松の姉 | 2010/02/06 21:42 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/02/07 01:29 | | ≫ EDIT

みどりんさんの「もしかして生きてたかも」・・よく分かります。
実家のロンちゃんが亡くなったとき、まだ体は温かいし 突然のことだったので
体もきれいだし・・当時はまだペットの火葬場がなくて いつもお散歩で
行っていた山の上に埋めに行ったのですが、土をかけるのがためらわれて
泣きながら何度も息をしてないか確認しました。
ルナたんの目のこと、実は前の記事のときから気になっていました。
やはり開いてたんですね。ルナたんらしいな。
いろんなことを思い出して 辛い中の更新だったでしょう・・。
棺の中に横たわるルナたんの綺麗なこと。本当に最後まで立派な姿です。
まだ18日。もう18日。どんな慰めの言葉も効果がないかもしれませんが
ルナたんはみどりんさんと共に生きて本当に幸せだったことだけは事実です。
ルナたんはいつまでもみどりんさんの娘で いつまでもみどりんさんの中で
生き続けてます。だから どうぞ ご自身のお体のことも大切にしてくださいね。
私たちみんな いつまでも ルナたんのことが大好きです。

| すべママ | 2010/02/07 02:32 | URL | ≫ EDIT

とてもよい最期を過ごしてあげることが出来て、本当に良かったですね!
出来たらみどりんさんのように、最期を迎えさせてあげたいと願っても、
なかなかそうはいかないことのほうが多いと思います。(私もそうでしたけど)
持ち合わせたものも大きいと思いますが、やっぱり、愛情の深さだと思います。
最期の最後まで、褒めてもらって、
それまでの、いつもの日常と同じように、みどりんさんに抱かれて、
みどりんさんとおとうたんの暖かな息づかい、穏やかに流れる時間と空気を感じながら、
静かに逝くことができたルナたん、本当に幸せな最期でしたね。

ワン友さんへのご挨拶、きっと、ルナたんが念を送って、
みどりんさんを遠隔操作したのかもしれませんね。(きっと、そうです!)
おかあたん、みなさんにおせわになりましたってごあいさつさせてや、たのむわ。って。
みどりんさんも、そう思っていらっしゃるんですね。

ルナたんのほんとうの寿命は、最後にオチッコ、ころころウンチをする直前まで、
だったのではないでしょうか。
でも、ルナたんは、みどりんさんが褒めてくれることを知っていたから、
みどりんさんにほめてもらいたかった、よかったなぁって言ってもらいたかった、
そして、もっともっと、みどりんさんとおとうたんのそばで、
お二人と一緒に過ごしたかった。
だから、いっぱいいっぱい、頑張ってくれたんです。
私は、そう思います。

ルナたんが亡くなられた後、みどりんさんが感じられたこと、
体が元に戻ったこと、ルナたんが段々と美しく白く輝いてきたこと、
そして、棺に入ったルナたんがお目々をあけて、
みどりんさんとおとうたんの姿をしっかりと見て、ルナたんの心に焼き付けようとしたこと。
すべて、その通りだったのだと思います。
ルナたんの一番近くでずっと一緒におられたみどりんさんが、一番良くわかることだと思います。
ルナたんはみどりんさんとおとうたんが大好きだったんですね。
例え、時間は短くても、一緒にいることができて、本当に嬉しくて幸せだったんです。

もう、むっちゃくちゃ、みんなに自慢したいルナたん、ですね。
でも、側にいない寂しさはとても重く辛いです。
愛情が深かった分、その苦しさは計り知れないと思います。
でも、きっと、いつか絶対逢えますから。
この世での再会ができなかったら、それでも、ルナたんは彼岸で待っていてくれますから。
みどりんさんとおとうたんが寿命を全うして、逢いにきてくれる、その時まで。
ずっとずっと、待っていてくれますから。


生きたまま、ってのは、ないです。
絶対ないと思います。(汗・・)

| 秋奈の母 | 2010/02/07 06:37 | URL | ≫ EDIT

みどりんさん、こんにちは。
ルナたんのお目目、旅立った姿、本当に神々しいです。
最期まで透明で綺麗なお目目はやっぱり最期の最期まで大好きなおとうたんとおかあたんの
姿を見ていたかったのでしょうね。

生きてるのではないか?と思ったお気持ち解ります。
私もロビンの体は冷たくなってるのに、息をしているような
気がして、家族と最期の最期まで何回も確かめてしまいました。
もうすぐロビンが旅立って8ヶ月にもなるのに、悲しさが消えません。旅立った直後のように号泣みたいのはなくなったけど
やっぱり悲しさで、気持ちがどうしようもなくなる時があります。
今日なんて夢で一緒にドライブに行って、笑顔いっぱいのロビンで楽しく過ごした夢を見ました。夢なのにだっこした感触がとても暖かく骨格の感じもリアルでした。五感が覚えているのでしょうね。

みどりんさん、ゆっくりして、お体大切になさってくださいね。
可愛いルナたんのお話、良かったらこれからもお聞かせくださいね。

| アイ | 2010/02/07 10:23 | URL | ≫ EDIT

大爆笑!

ルナたんの最後のお話をしんみり読んでいたら・・・
おとうたんの 衝撃の言葉で  思わず大爆笑!!
きっとルナたんも「そんなわけないやろ~?」と
笑ってたと思うな~♪

ルナたん!今晩も照らしてくれてありがとう!
関西はあさってからチョッと雨がちの予報・・
見えなくてもそこにいるルナたんを思いつつ
合羽着て散歩がんばるで~!みててな~!

| おーじろう | 2010/02/07 21:34 | URL | ≫ EDIT

私も4か月も経つと言うのに、部屋の掃除は殆どしていません。
思わぬ所から出て来るさくらの毛が無くなるのが嫌なのです…
以前のように思いっきり笑う事も無くなりました。
祭壇は最初より、どんどん派手な飾りつけになっています(笑)

うちのさくらもただ寝ているだけのように見えました。ほんとルナたんとそっくりです。でも私はさくらのことを失うのが怖くて、悲しくて、自分の事で一杯一杯で、みどりんさんのようにしっかりと最後を見ていなかったように思います。最後に抱きしめてあげられなかったことを今でも悔やんでいます。ルナたんはみどりんさんに一杯抱っこしてもらえて幸せだったと思います。

時には我慢せず、一杯一杯泣いて下さいね。

| さくらっこ | 2010/02/08 01:49 | URL | ≫ EDIT

ぺロさん♪

掃除 できませんよね・・
ルナの毛を見つけては拾い集めています。

圧縮袋に入れた敷布は ルナの口に残っていたフードが
こびりついてるので 開けた時にカビが生えてなければいいんですけど。
匂いも残っていればいいな。

写真 多いほうなのかな。
もっと撮っておけばよかったって思ってます。
もうこれ以上増えることがないと思うと
デジカメを持つ意味も感じられません。

ルナたんの旅立ちは立派だったけど
おとうたん おかあたんの最後は あまり
良いとはいえないんです。
いまでも 謝ってばかり。


鍵コメさん♪

うははは
絶世の美女って照れるやーん。

そやねん おかたんもそう願ってるんやて
ありがとー おかあたん 元気が出たって。

  by ルナたん


トドままさん♪

ありがとうございます。
正直言って 日にちの感覚がなくって。
今日は何日? どーでもいいや みたいな。

もう後悔ばかりです。
いろいろ考えてたら
あの手もあった この手もあった
そんなことばかり浮かんできます。

死んでから 全然抱っこしてあげてなかったので
それがまた悔やまれて。
抱っこしてあげた瞬間 
「やっと抱いてくれた~」っていったような気がします。
冷たいおかあたんですよね。

本当にルナの最後の姿はすばらしかったです。
こんなダメダメ飼い主とは相反して こんな姿で旅立ってくれて
本当に感謝とごめんねって気持ちです。

鼻はすっかり治りました。
鼻をかんでも もう痛くないです^^
ご心配おかけしました。


なびこさん♪

気が付いてました?
あのときは てっきり おとうたんが開けたのかと思ってて
後で聞いたら そんなことしないって言うので
改めてびっくりしたんです~。

ずーっと寂しかったのかなとか思ったりして
泣けてきちゃいます~
できの悪いおかあたんに きれいな姿を見せてくれて
ありがとう

かわいいって言ってくれて ありがとうございます^^


emihanaさん♪

駄文を最後まで読んでくださって ありがとうございます。
感謝します。
文章力のない私では 表現しきれないことがたくさんあります。

あのときのことをフラッシュバックのように思い出すのは
身が千切れそうになるほど辛いです。

もっとずっと抱きしめておけばよかった・・
そう思ってももうできるはずないんですから。

本当に今でも信じられないです。
そこにいないのが 耐えられないです。
ルナ~って名前ばかり呼んでいます。
今どこにいるの?って聞いてますが 返事はないです(苦笑)

こちらのほうこそ いつもありがとうございます。
ワタシは元気です。


海ママけいさん♪

毎日 ルナに会いにきてくださってありがとうございます。
もう18日 まだ18日。
自分でもよくわからないです。
私たちの姿を焼き付けて
今度生まれ変わってきたら おかあたんたちのこと
ちゃんと見つけるからね! 
なんて思ってくれたのかな?
だといいな~ 


松の実さん♪

ありがとうございます。
おとうたんは いたってまじめに言いました。
ワタシも一瞬「そうかも」って焦りましたよ。
もう一日 置いていたら生き返ったかも?とも。
どんなに 理想的といわれる旅立ちでも
美しい姿で旅立ってくれても なくした悲しみには変わりありません。
もうあの体に触れないと思うと この先どうなるんだろうって
思います。

少しずつ春が近づいてますね。
今年の夏 またしんどい思いをさせなくてすんだだけ
良かったのかなって思います。
松の実さんも 茶々ちゃんも 寒さがまだまだ厳しいでしょうが
頑張ってくださいね。


鍵コメさん♪

ありがとうございます。
息を引き取った瞬間 すぐにわかりました。
それでも 本当に死んだん?って旦那に言ったのを覚えています。
ルナの匂いもしないし 気配も感じないし・・
寂しいです。この先 耐えていけるのかと不安にもなります。

すみません
お返事を待ってくださってるとのことですが
メールアドレスがわかりません。
過去のコメントを全部 見直したんですが
メールアドレスがわからないので 連絡のしようがないです。
よろしければ 鍵コメか 右の→メールフォームで
メールアドレスを教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

| みどりん | 2010/02/08 05:24 | URL | ≫ EDIT

りん子さん♪

本当にね あっけなく逝っちゃったのよ~
死なないと思いつつ 心のどこかでわかってたんだと思うわ。
息が止まったの すぐにわかったもん。
最後まで自分で排泄して 本当に偉かったよね。
絞ってやったことないもん。
そのぶん介護っていっても介護らしいこと してなかったのかも。
親孝行な子やわ。

え~ 笑い声ないの?
ほとんど絵留ちゃんと二人だけなんだっけ?
これからいっぱいネタつくって家族でいっぱい笑ってよね~(^^)



まり2号さん♪

本当に生きてたのかも・・
でも息をしてなかったし・・
体も冷たかったし・・
でも目はじっと私のことを見てるようで
「起きた?」っていつもどおりで錯覚してました。
車の中で抱っこしてても 生きてるみたいで。

亡くなる前に大きく深呼吸するってよく聞きますね。
ルナもゆっくりでしたが コクンコクンとしてました。

そうですね 忘れない私たちがいるかぎり
ルナは生き続けると思います。
まり2号さん ありがとうございます。



桜ママさん♪

桜ママさん こんにちは。
いつもありがとうございます。

そうですね
ルナたんは望んで私のところへ生まれてきてくれたんだと思います。
もしかしてあのときのあの子?って心当たりがあります。
もう今の体じゃ ポンコツ過ぎてしんどいから もう行くね!
って言うぐらい長生きしてくれて 少しは幸せだったでしょうか。
だといいなー。
仰るとおり 姿かたちは変わっても きっとまた私のそばに生まれてきてくれると信じています。
犬ではないかもしれませんよ。
そしてそのときは「ルナ」のときより もっともっと幸せにしてあげたいと思います。
「長女ルナたん」は生涯「長女」なのです。

ワタシもルナたんのことが 大~好きです。
うちの子になってくれてありがとう。
私の前にちゃんと現れてくれてありがとう。
またいつか会おうね、そう言ってあげてます。

| みどりん | 2010/02/09 06:20 | URL | ≫ EDIT

虎哲パパさん♪

ありがとうございます。
お辛い話を聞かせていただいて申し訳ありません。
哲ちゃん お家が一番よかったんですよね~
大好きな家族と一緒にいるのが 一番嬉しいですもんね。
ご家族の皆さんで看取られて本当によかった。

ルナは幸いなことに 18才過ぎても病気知らずで
お骨も真っ白でどこも悪くなかったということが
はっきりしました。
最後の3日間 点滴に通っただけです。
最後まで自力で排泄もして 介護といってもそんなに手はかからなかったんじゃないかと思えます。

世間から見れば大往生で 痴呆も病気もなく
穏やかに逝けたことは 大変すばらしいことなんでしょうね。
人間でもなかなかこんな最期はないと思います。

そう思うと 本当にルナには感謝してもしきれません。
私たちにはもったいないぐらいな子でした。
親ばかですみません。

ルナはおかあたんに似て 気が弱いくせに
変なとこで気が強いので きっとうるさいおばあちゃんやなーって
みんなに煙たがられてるかもしれません。
ルナはタイガースのタオルを持っていったので それを振り回して応援するかもしれないけど
哲ちゃん 変なオババやけど 仲良くしたってね。
童顔やけど かなりのオババやから よろしくね。
こっちはこっちで 春から応援で盛り上がりましょうね(^^)



ゴン太さん♪

いつもありがとうございます。
えらそうだなんて とんでもない。
感謝してるんですよ。

なんかね 死んでるはずなのに ずっと見てたみたいなんですよね。
家でも 棺に入れるものの準備でルナを一人にしたんです。
戻ると ブランケットから覗く目が じ~っと私のことを見てるようにみえて
生きてたときみたいに「あ 起きたわ」って錯覚したんですよ。
一人になってさみしかったのかな。なんてね。
まだまだ時間がかかるとは思いますが 少しずつ外へは出るようにしようと思います。
いつもご心配してくださってありがとうございます。


tabachabuさん♪

ありがとう・・
忘れないでいてくれる人がいてくれると思うと
とっても心強いです。
嬉しいです。
ありがとうござます。



犬好きさん♪

ありがとうございます。
冷静に書けてましたか。
ワタシね 自分でも冷血なんじゃないかって よく思います。
こんなこと 淡々と書ける自分も怖い気がします。

もしかしたら本当は生きていたのかも・・
死んだと思い込んでいたのかも
だとしたら とんでもないことですね。
恐ろしすぎます~

今はまだはっきりとは言えませんが
縁のある子に出会ったら・・とは思っています。
ルナの生まれ変わりではないでしょうけど。
いつもお気遣いありがとうございます。


もじ子さん♪

ありがと~。
おとうたんの爆弾発言で
心臓が止まりそうになったのよ。
もう一日 置いてたら息を吹き返したかも??
お尻が汚れたから 大変!
すぐにキレイにしなくっちゃーって
余韻に浸る暇がなかったの。
それがまた悲しいわ~
洗剤のこと覚えてくれててありがとー(^^)
もう売ってないよね~


そら&みどりさん♪

感謝してくれたんでしょうか~
それならいいんだけど・・
私たちは感謝してもしきれないほど 感謝してるんですけどね。
また会えるのを楽しみにしますね。
ありがとうございました。


りくたんさん♪

幸せやったよって言ってるように見える?
だといいな~ 嬉しいな~
わんこって健気やね~(涙)

もともとワタシって出ぶしょうなの。
今は寒いし 余計だわね(^^)

| みどりん | 2010/02/09 06:55 | URL | ≫ EDIT

ルナたんは、幸せだったと思います。
本当にそう思います。おかあたんの腕の中で、安心して安らかに眠れたのではないかと思います。うちも今のハムが何代目かですが、みんな可愛そうな死でした。最初の子は今でも忘れません。ハムスターの寿命は2年半~3年といわれていて、最初の子は2年7ヶ月生きましたが(結果、老衰でした)その日はいつものように声を掛けて朝早くから、デイズニーに遊びに行っていて帰りも当然ながら夜中になり・・・ゲージの中で寝たような格好で、すでに冷たくなっていました。。もっと早く帰っていたら・・間に合ったかも知れないと悔やんでも悔やみきれないほど泣き崩れました。二代目は癌でした、もともと小さな個体なので手術ができないまま薬で、、それでも二年生きました。最後の半年は癌と薬の生活でした、痙攣をするようになり、亡くなる数時間前も痙攣を起こしたのですが、、睡魔に勝てない私は、枕元にゲージを置いて寝てしまったのです、ふと目を覚ますと夜中の2時・・ゲージを見ると、最後餌を食べようとしたのか、水を飲もうとしたのか、ゲージの餌付近で途中で息絶えて冷たくなっていました。それは・・一代目が亡くなって三日目のことだったので、余計にショックでした。それと枕元に置いておきながら、最期に気づかず、苦しみながら死んでいったこと・・自分を責めましたね。病院の先生は、2匹ともここまで生きれたのは、ちゃんとお世話していたからだと言ってくれましたが、私は悲しみにくれた生活でした。三代目も病気で・・半年の命で、入院させたその夜に亡くなりました。寿命が元々短いですが、死は何度経験しても耐えられません。でもせめて傍にいてやれたらなって・・自己満足にしか過ぎないことも分かっていますけどね・・何書いているのか分からなくなって・・すみません。ただ、ルナたんの安らかな顔が、とても幸せな一生だったと言っているように思いました。お父さんとお母さんに出会えて、幸せだったと。。そんなお顔に見えました。また来ます。

| まみ | 2010/02/09 18:36 | URL | ≫ EDIT

ルナたん、本当に本当に、よく頑張ったね。。。
お空に旅立ったように見えない、きれいな姿と、穏やかな優しいお顔で、本当に・・・・やっぱり信じられないです。

でも、これ以上頑張って・・・と言えないくらいに、力いっぱい生き抜いてくれたんだと思います。
うっすらと開いた、きれいな瞳に、幸せだった・・・今も幸せだったと言ってるみたいですね。

トーマが旅立ってから、ルナたんが私の癒しでもありました。
辛い事があっても、ルナたんの笑顔やがんばりや、みどりんさん、おとうたんの温かい声を聞くと、本当に癒してもらってました!私でさえ、こんなに淋しいのに、みどりんさん、おとうたんの淋しさは、はかれ知れないです。

こんな可愛い、頑張り屋の娘ルナたんと一緒に過ごした事、誇りにしてくださいね。私も出会えてよかった・・・心いっぱいのありがとうを、送らせて下さいね。

片づけなんて、まだまだ・・・・で、いいですよね(^^)

| あきこ | 2010/02/09 19:57 | URL | ≫ EDIT

ご冥福をお祈り申し上げます

以前、Youtubeでルナちゃんの動画を偶然拝見し、こちらのHPにコメントを残させていただいたものです。NYからコメントしました。
今日、ふっとルナちゃんはどうしているだろうとこちらに来たら、お亡くなりになっていることを知りました。
私がNYできつい生活を送っていたときにルナちゃんの食事をする姿に励まされました。
以後、こちらのHPでのルナちゃんに心温めていました。
・・・ルナちゃんの亡骸の写真が本当に安らいでいるようで、幸せだったんだなと思います。
すぐには無理かもしれませんが、どうか元気になってください。
ルナちゃんもそれを望んでいると思います。
心からルナちゃんのご冥福をお祈りします。

| Love NY | 2010/02/10 22:48 | URL | ≫ EDIT

黒松の姉さん♪

コメントありがとうございます。
今でも もしかして生きてたのかも。なんて
考えてしまいます。
匂いも消えていきますね。
圧縮袋・・どうでしょう。
開けたらビニールの匂いしかしないかも^^;
温もりや匂い もふもふが恋しいですね。
何をしてもルナがいないと楽しくないです。
お心遣いに感謝します。


鍵コメさん♪

そうやったんですか~
ルナがみんなにありがとうって言ってって
ワタシに言うたんやと思いました。
まさかこのあと死んじゃうなんて思ってもみなかったし
最後までしっかりした顔だし。

ルナたんの画像は全部 大丈夫でしたか?
もうこれから送ることもできないと思ったら
寂しいですね。
インカメラで画像が悪いけど私にとってはどれも愛しくて大事な写真です。

キレイでしょ~
最後に会ってやってほしかったなってすっごい思いました。
もうね ルナがいないと何をやっても楽しくないの。
ワタシ すっごい無口やの。
もっともっとルナたんの足跡を残してあげたかったな~。



すべママさん♪

ありがとうございます。
ルナの遺骨はワタシが死んだときに
一緒に棺の中へ入れてもらうつもりです。
残しておいても誰かに処分されちゃうでしょうから。

ルナがいないと全然楽しくないですね。
なにも楽しくない
なにも気力がわかない。
今世で再会できたのは わかったけど
次はいつだろう~。今世でまた会えるかな
それとも来世?
いくら考えてもわからないことなのに
よく考えています。
ワタシは大丈夫です。
少しずつ食欲も戻ってきています。
今ぐらいがちょうどいいんでしょうけど
もう少ししたらきっと元の大食いにもどると思いますよ(笑)
ずっと大好きって言ってくれてありがとう♪



秋奈の母さん♪

本当にそうですね。
病気もなく18年生きてくれて
ちゃんと腕の中で 家族に見守られて
安らかに旅立てたというのは
本当に ありがたいですね。
ルナには本当に感謝してもしきれないです。
泣いてばかりじゃ罰?が当たりそう。
これ以上ないのに 贅沢ですね~

写メは遠隔操作じゃないけど
ルナがみんなにありがとうって送ってって
言ってきたんだと思います。
これは間違いないですね。

ご飯を食べなくなって体重が少し減ってしまっていたんですが
体全体がふんわりと大きく感じました。
生きてるときには 動かなかったほうへ手も曲がって
今までできなかった両手をそろえて抱っこも最後にできました。
ピンクのお腹も なくなって数時間後は少し紫色になっていたんですが
いつのまにか 元のピンクのお腹になっていました。
本当に生きてるときのままであり
生きてるとき以上の姿でした。
本当に自慢して歩きたいぐらいでしたよ(笑)

いつどういう形で会えるかはわかりませんが
必ずまた会えると信じています。
おとうたんと おかあたんと ルナたんの魂は
永遠に一緒です。

生きたまま・・笑
そんなはずないですよね~


アイさん♪

楽しい夢を見てよかったですね~
笑顔いっぱいで抱っこの感覚までわかるなんて
すごいな~ いいいな~
ワタシはまだそんな経験はないです。
いつかルナの抱っこの感覚がわかる夢が見れるといいな。

ルナの話 あれやこれやと考えるんですけど
なかなか思うように指が動きませんね。
ルナに会いたくて写真を見るんですけど
同じように寂しさも感じてしまうんです。
でも 時々は書きたいなって思います。

何度も体を触って確かめてたんですけど
少しずつ体が冷たくなるのがわかるんですよね。
脇の下は最後まで温かかったな~。
母が亡くなった時も生きてるのかと何度も見ましたよ。
お布団が呼吸で動いてるように見えましたから。
ロビンちゃんも安らかに旅立てたんですね。

8ヶ月経っても悲しみは変わりませんか・・(涙)
そりゃそうですよね。
きっとワタシも同じだと思います。
今は何をしても楽しくないし やっぱりルナがいないとダメだって思うし
この先どうなるんだろうって怖い気もします。


おーじろうさん♪

んなアホな!って突っ込んだかしら。
意外と
そうやねんで~ めっちゃ熱かったわ!
って乗ってるかも?

おーじろうさん 関西なんですね。
雨の日のお散歩は大変だけど
喜ぶ姿が見たくて 頑張って行けるんですよね~。


しばらくお天気が悪いみたいだけど
ちゃーんと見てるからね
風邪をひかんように がんばってや~

  by ルナたん


さくらっこさん♪

まだ4ヶ月ですよ~
半年経っても一年経っても きっと変わらないと思います。
ワタシも笑ってないな~
すんごい無口で寡黙になってます。
毛の収集で 気を紛らわせてる感じです。

抱っこ いっぱいできてたんんでしょうか。
亡骸を一晩中抱きしめてたらよかったって
いまでは思います。
そのときは ルナの体が変になったらいけないと思ったので
横にしてしまって。

涙が出なくて
ワタシって本当は冷たい人間なんや
って思えることもあれば
急に 涙が出て止まらなくなることもあって
どこか我慢してるのかな~と思ったり。
いつまでこんな生活が続くんだろう。
さくらっこさん ありがとうございます。

| みどりん | 2010/02/11 06:38 | URL | ≫ EDIT

まみさん♪

こんにちは コメントをありがとうございます。
ハムスターの寿命は短いんですね。
昔は文鳥を飼っていたことがあって
雛がどんどん生まれてたくさんいたのですが
死んで行くのはやはり悲しかったです。
その中で一番 可愛かった子(ワタシのお布団に喜んで入ってきて寝るんです。)
出かける前に えさを補充して出かけたんですが
入れ忘れてかごの上に置いたままだったんです。
帰宅すると 死んでしまってて。
その子はずっと無精卵を抱いていたので常に空腹状態だったので
数時間でもえさが食べれなかったのが いけなかったんだと思います。
やはり自分を責めました。
ハムちゃんたちは 初代の子が長生きしてるし
二代目の子は癌でありながら 治療のかいあって
2年も生きてくれてるし 獣医さんが仰るように
一生懸命お世話をされたからだと思います。
とっても幸せだったと思いますよ~
ワタシも睡魔には勝てませんでした。
それでルナには寂しい しんどい思いをさせたことがあります。
それが申し訳なくて。
なんで寝るんだ 眠たくなるんだ!って腹立たしく思ったり。
つねに後悔はつきものです。
でも愛情を持って縁した命は これからもきっとまた縁しますよ。
ルナにはもっともっと幸せになって欲しいと思っています。
だからまたいつか出会って もっともっと愛情を注ごうと誓っています。
お辛い話をきかせてくださってありがとうございます。



あきこさん♪

ありがとうございます。
そういう風に言っていただけて
ルナも幸せです。
きっと えへへ~ 照れるやん
って言うと思います。

本当に自慢の娘です。
ルナは小さいころからよく笑う子で
表情が豊かでした。
若いころの写真が あったらよかったのにって思います。

ルナがいない生活って味気ないですね。
全然笑ってません。 無口です。
今までの生活が夢だったかのように感じます。

優しい言葉をたくさんかけてくださってありがとうございます!
うれしいです。

片付けって言葉は ワタシの辞書からは消え去りました(爆)



Love NYさん♪

Love NYさんのことは覚えてますよ~
HPのほうへもお邪魔したことあります。
少しでもルナで元気が出していただけたのなら
これ以上の喜びはないです。
ありがとうございます。
まだまだルナのいない生活には慣れそうにないですが
少しずつでも普通の生活に戻らなくては・・と思っています。
でも現実派なかなか・・。
甘ちゃんですね。
Love NYさんみたいに がんばらなきゃー。

| みどりん | 2010/02/11 07:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sibawankoluna.blog114.fc2.com/tb.php/554-4bf8fd7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。